(毎日新聞)論点 シリーズ憲法70年 家族と国を考える

5月5日の毎日新聞は「シリーズ憲法70年」で、自民党が法案提出を狙っている「家庭教育支援法案」と憲法24条について大特集しています。キャンペーン呼びかけ人の中里見博さんのコメントも。読み応えのある記事です、ぜひお読みください!

https://mainichi.jp/articles/20170505/ddm/004/070/003000c

続きを読む »

(週刊金曜日)憲法特集2017 “護憲派はギマン” なのか

週刊金曜日4月28日5月5日合併号(1134号)は、憲法施行70年特集「“護憲派はギマン”なのか?」。亀山ののこさんの写真と詩の「憲法を撮る」には、9条、13条、97条のほか、24条も取り上げられています。「保存版」の「改憲派のへりくつ撃退マニュアル」には、当キャンペーン呼びかけ人の打越さく良弁護士の「個人のために国家がある、その逆ではない」、清末愛砂室蘭工業大学大学院准教授の「緊急事態条項は国全体の、24条改憲は家族の、それぞれの統制と相互監視につながる」が掲載されています。
その他、教育勅語解体新書や「パン屋→和菓子屋」たけじゃないトンデモ教科書検定など、盛りだくさん! お買い得です。是非ご一読ください。

http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002290.php1134

(他団体)憲法記念行事「あなたらしく。わたしらしく。」-憲法24条から見えてくる様々な家族のかたち-

今年は日本国憲法施行70年です。5月13日(土)、大阪弁護士会が24条をメインにした集会を開催するようです。事前申し込みが必要ですので、リンクからぜひどうぞ。

https://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0513.php

憲法記念行事「あなたらしく。わたしらしく。」-憲法24条から見えてくる様々な家族のかたち-

本年は、憲法が施行されて70年目の節目を迎えます。
当会では、昨年度に引き続き、本年度も憲法をめぐる各種企画を実施したいと考えています。
今回は、憲法学者の辻村みよ子さん、元最高裁判事で弁護士の山浦善樹さん、元アナウンサーで弁護士の菊間千乃さん(菊間さんは、司会進行役としての登壇になります。)をお招きし、「あなたらしく。わたしらしく。-憲法24条から見えてくる様々な家族のかたち-」をテーマに講演会と対談を実施することになりました。
憲法のめざす多様性を認め合う社会への展望を、憲法24条を軸に、皆さんと一緒に考えたいと思いますので、是非ともご参加ください。

日 時 2017年5月13日(土) 午後1時~午後4時(受付開始:午後12時30分)
会 場 大阪弁護士会館 2階ホール (大阪市北区西天満1-12-5)
定 員 800名(先着順・事前申込制)
講 師 辻村 みよ子 さん(憲法学者/明治大学法科大学院教授)、山浦 善樹 さん(元最高裁判所判事/弁護士)
< 対談司会進行役 >菊間 千乃 さん(元アナウンサー/弁護士)
参加費 無料
申込方法 当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください。
【参加申込フォームはこちら】
https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_58e704cc74e2b 必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。

(他団体)ジェンダー法学会 24条の改憲をめぐる最近の動向

24条をめぐって、4月24日に大阪でジェンダー法学会の研究会が行われます。呼びかけ人の清末愛砂さん、打越さく良さん、キックオフ集会でもご発言いただいた能川元一さんが登壇します。
http://www.tabi-go.com/genderlaw/mininews.php?page=2017.html

続きを読む »

(リンク)家庭教育支援条例が制定されている自治体の一覧

キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんが自身のブログにて、各地で制定されている「家庭教育支援条例」についてリストアップしてくださっています。
「家庭教育支援法案」のもとになったといわれる「くまもと家庭教育支援条例」をはじめ、すでに8都道府県、4市町村で制定されているんです!
みなさんがお住まいの自治体の動きはどうなっていますか? 国会の動きと同じく、各地の動きも要チェックです。

家庭教育支援条例が制定されている自治体の一覧

http://d.hatena.ne.jp/yamtom/20170329

(北海道新聞)多様な「家族」考える 札幌で憲法学者ら講演

3月21日の北海道新聞で、札幌市で開かれた集会の報告記事が載っています。キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんは24条の意義について話し、鈴木賢さんはセクシュアル・マイノリティについて話したということです。講演の詳細は4月上旬に掲載予定だそうで、楽しみですね。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0380935.html

続きを読む »

(AERA)結婚しない選択はなし? 「官製婚活」でお上が“内政干渉”

AERAの3月20日号に、官製婚活の記事が出ています。
「婚活」に税金が投入されているという異常事態…。特定の生き方や家族像を提示し、誘導する動きに、改めて怒りがわいてきます。自民党が成立をもくろむ「家庭教育支援法」や24条改悪など、弁護士の太田啓子さん、キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんのコメントもあります。

https://dot.asahi.com/aera/2017031700021.html?page=1

続きを読む »

(毎日新聞)特集ワイド「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下――!?

毎日新聞が「家庭教育支援法案」の特集記事を掲載しています。安倍首相やその取り巻きが固執する「伝統的家族」のウソをあばく記事です。ぜひお読みください。

特集ワイド「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?

http://mainichi.jp/articles/20170301/dde/012/010/003000c

続きを読む »

(PARC自由学校)2017年6月-11月 まぼろしの「日本的家族」

NPO法人アジア太平洋資料センターが行なっているオルタナティブな学びの場、「PARC自由学校」で、24条の問題にかかわるとっても面白そうな講座が開かれます。切り口も講師陣も多彩で、これは見逃せません! 最終回はキャンペーン呼びかけ人の角田由紀子弁護士です。ぜひチェックしてください。

https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=49

(東京新聞)国が家庭教育に介入? 自民法案24条改憲の布石か

2月25日の東京新聞の特報で「国が家庭教育に介入? 自民法案24条改憲の布石か」と題する記事が掲載されました。24条改悪と「家庭教育支援法案」の関係がわかりやすく解説されています。キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さん、二宮周平さん、山口智美さんのコメントが載っています。ネットでは読めないのですが、図書館などでぜひお読みください。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017022502000184.html

国が家庭教育に介入? 自民法案24条改憲の布石か

公権力が家庭教育に介入し、お国に役立つ人材の育成を強要するのではないか-。自民党が今国会での提出をめざす「家庭教育支援法案」は二十四日、党内の了承手続きを終えた。時代錯誤の家族観で批判を浴びた「親学」にルーツを持ち、太平洋戦争中の「戦時家庭教育指導要綱」とも重なる。親学推進議連の会長を務めた安倍晋三首相にとっても思い入れの強い法案のはずだが、もし成立を許せば、家族のなかの個人の尊厳と男女平等をうたう憲法二四条の「改悪」につながりかねない。 (木村留美、池田悌一)