(憲法記念日)(調査)家族の互助を憲法上の義務として盛り込むことには81%が「必要ない」

遅くなりましたが、今年の憲法記念日に共同通信社が行なった調査で、「家族の互助を憲法上の義務として盛り込むこと」について81%の人が「必要ない」と回答していました! 東京新聞が報じていました。
自民党改憲草案が24条改悪でやろうとしていること、改憲を先取りする動きについても、さらに多くの人に知ってほしいです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017043002000123.html

不戦「9条が貢献」75% 安倍政権で改憲「反対」51% 世論調査

続きを読む »

広告

『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩書房)が発売されました

『徹底検証 日本の右傾化』が発売されました。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480016492/

41MYhaqgAgL._SX344_BO1,204,203,200_「第4部 家族と女性-上からの押し付け、連動する草の根」に、キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さん(家族法・憲法学者)の「重要条文・憲法二四条はなぜ狙われるのか」(182-201頁)、官製婚活問題を含む保守派による家族をめぐる動きに詳しい斉藤正美さん(社会学者)の「結婚、家族をめぐる保守の動き」(202-221頁)、朝日新聞記者の堀内京子さんの「税制で誘導される『家族の絆』」(222-233頁)が掲載されています。ぜひお読みください。

 

 

 

 

 

目次
第1部 壊れる社会―新自由主義、レイシズム、ヘイトスピーチ
第2部 政治と市民―右傾化はどこで起こっているのか
第3部 国家と教育―強まる統制、侵蝕される個人
第4部 家族と女性―上からの押し付け、連動する草の根
第5部 言論と報道―自己賛美と憎悪の連鎖に向き合う
第6部 蠢動する宗教―見えにくい実態、問われる政治への関与

 

(リンク)家庭教育支援条例が制定されている自治体の一覧

キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんが自身のブログにて、各地で制定されている「家庭教育支援条例」についてリストアップしてくださっています。
「家庭教育支援法案」のもとになったといわれる「くまもと家庭教育支援条例」をはじめ、すでに8都道府県、4市町村で制定されているんです!
みなさんがお住まいの自治体の動きはどうなっていますか? 国会の動きと同じく、各地の動きも要チェックです。

家庭教育支援条例が制定されている自治体の一覧

http://d.hatena.ne.jp/yamtom/20170329

大好評!2万部突破!「24条」リーフレットが完成しました

今年2月に作成した、24条の意義と自民党改憲案の問題点をわかりやすくお伝えするリーフレットがついに2万部を達成しました! 全国で配布してくださったみなさま、ありがとうございます。
安倍首相は憲法改悪のスケジュールを見直してはいません! 気を抜けない日々が続きますが、はりきって憲法改悪反対!の声を広げていきましょう。

「24条ってなに?」「私たちの生活とどう関係あるの?」「自民党は24条をどう変えようとしていて、変えられてしまったらどうなるの?」というギモンにお答えできればいいなあと思って、メンバーが張り切って制作しました! ぜひお手に取って読んでください。そしてぜひ、まわりの方に広めてください!!

1部10円です。送料はご負担ください。集会などで配布いただけるなど、100部以上は5円でお分けします。

24%e6%9d%a1%e5%a4%89%e3%81%88%e3%81%95%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

<24条変えさせないキャンペーン・リーフレットの申し込み方法>
♪ 30部以上でお申込みください ♪

必要部数お名前送り先住所電話番号を、キャンペーン事務局までご連絡ください。
発送時に振込用紙を同封しますので、到着後にお振り込みください。
メール:article24campaign@gmail.com
TEL:03-3780-5245(アジア女性資料センター)
アジア女性資料センター(〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ211)から発送します。

家庭教育支援法案(仮称)」未定稿(2016年10月20日)

国会への上程が予想される「家庭教育支援法案」。以下は2016年10月の段階での素案です。この後、新たな自民の法案が作られています。朝日新聞の報道によれば、この素案の「基本理念」にあった「子に国家及び社会の形成者として必要な資質が備わるようにする」の文言が削除されるなど、多少の変更があります。これ以降、また法案に変更が加えられたかなどは現段階(2017年9月時点)ではわかっていません。

 

家庭教育支援法案(仮称)未定稿[平成28年10月20日]

(目的)
第一条 この法律は、同一の世帯に属する家族の構成員の数が減少したこと、家族が共に過ごす時間が短くなったこと、家庭と地域社会との関係が希薄になったこと等の家庭をめぐる環境の変化に伴い、家庭教育を支援することが緊要な課題となっていることに鑑み、教育基本法(平成十八年法律第一二〇号)の精神にのっとり、家庭教育支援に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、家庭教育支援に関する必要な事項を定めることにより、家庭教育支援に関する施策を総合的に推進することを目的とする。

(基本理念)
第二条 家庭教育は、父母その他の保護者の第一義的責任において、父母その他の保護者が子に生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めることにより、行われるものとする。

2 家庭教育支援は、家庭教育の自主性を尊重しつつ、社会の基礎的な集団である家族が共同生活を営む場である家庭において、父母その他の保護者が子に社会との関わりを自覚させ、子の人格形成の基礎を培い、子に国家及び社会の形成者として必要な資質が備わるようにすることができるよう環境の整備を図ることを旨として行われなければならない。

3 家庭教育支援は、家庭教育を通じて、父母その他の保護者が子育ての意義についての理解を深め、かつ、子育てに伴う喜びを実感できるように配慮して行われなければならない。

4 家庭教育支援は、国、地方公共団体、学校、保育所、地域住民、事業者その他の関係者の連携の下に、社会全体における取組として行われなければならない。

 

(国の責務)
第三条 国は、前条の基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、家庭教育支援に関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。

(地方公共団体の責務)
第四条 地方公共団体は、基本理念にのっとり、国との連携を図りつつ、その地域の実情を踏まえ、家庭教育支援に関する施策を策定し、及び実施する責務を有する。

(学校又は保育所の設置者の責務)
第五条 学校又は保育所の設置者は、基本理念にのっとり、その設置する学校又は保育所が地域住民その他の関係者の家庭教育支援に関する活動の拠点としての役割を果たすようにするよう努めるとともに、国及び地方公共団体が実施する家庭教育支援に関する施策に協力するよう努めるものとする。

(地域住民等の責務)
第六条 地域住民等は、基本理念にのっとり、家庭教育支援の重要性に対する関心と理解を深めるとともに、国及び地方公共団体が実施する家庭教育支援に関する施策に協力するよう努めるものとする。

(関係者相互間の連携強化)
第七条 国及び地方公共団体は、家庭教育支援に関する施策が円滑に実施されるよう、家庭、学校、保育所、地域住民、事業者その他の関係者相互間の連携の強化その他必要な体制の整備に努めるものとする。

(財政上の措置)
第八条 国及び地方公共団体は、家庭教育支援に関する施策を実施するために必要な財政上の措置を講ずるよう努めるものとする。

(家庭教育支援基本方針)
第九条 文部科学大臣は、家庭教育支援を総合的に推進するための基本的な方針(以下この条及び次条において「家庭教育支援基本方針」という。)を定めるものとする。

2 家庭教育支援基本方針においては、次に掲げる事項を定めるものとする。
一 家庭教育支援の意義及び基本的な方向に関する事項
二 家庭教育支援の内容に関する事項
三 その他家庭教育支援に関する重要事項

3 文部科学大臣は、家庭教育支援基本方針を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長に協議するものとする。

4 文部科学大臣は、家庭教育支援基本方針を定め、又はこれを変更したときは、遅滞なく、これを公表するものとする。

(地方公共団体における家庭教育支援を総合的に推進するための基本的な方針)
第十条 地方公共団体は、家庭教育支援基本方針を参酌し、その地域の実情に応じ、当該地方公共団体における家庭教育支援を総合的に推進するための基本的な方針を定めるよう努めるものとする。

(学習機会の提供等)
第十一条 国及び地方公共団体は、父母その他の保護者に対する家庭教育に関する学習の機会の提供、家庭教育に関する相談体制の整備その他の家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

(人材の確保等)
第十二条 国及び地方公共団体は、家庭教育支援に関する人材の確保、養成及び資質の向上に必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

(地域における家庭教育支援の充実)
第十三条 国及び地方公共団体は、地域住民及び教育、福祉、医療又は保健に関し専門的知識を有する者がそれぞれ適切に役割を分担しつつ相互に協力して行う家庭教育支援に関する活動に対する支援その他の必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

(啓発活動)
第十四条 国及び地方公共団体は、家庭教育支援に関する取組等について必要な広報その他の啓発活動を行うよう努めるものとする。

(調査研究等)
第十五条 国及び地方公共団体は、家庭をめぐる環境についての調査研究、海外における家庭教育支援に関する調査研究その他の家庭教育支援に関する調査研究並びにその成果の普及及び活用に努めるとともに、家庭教育支援に関する情報を収集し、及び提供するよう努めるものとする。

附則
この法律は、〇〇〇から施行する。

1.6集会「不穏なトランプ効果―加速化する改憲と24条の危機」無事終了しました

2017年1月6日(金)に開催しました「不穏なトランプ効果―加速化する改憲と24条の危機」は、80人の参加者で会場がいっぱいとなり、短い時間でしたが有意義な会となりました。
また、当日いただいたカンパは19,641円でした。本当にありがとうございました。

当日お配りした資料の中から、キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんと山口智美さんのレジュメを公開します。以下のリンクからPDFでご覧ください。

( 山口智美レジュメ)トランプ後のアメリカと日本―リプロの危機と24条

(清末愛砂レジュメ)明文改憲が目指すもの-緊急事態条項、24 条、9 条をめぐって

後日、集会の報告をアップする予定です。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-11-12-16-20

(参議院)憲法調査会報告書|家族に関する部分

衆議院の憲法調査会報告書につづいて、参議院の憲法調査会の報告書から「家族」に関する部分をピックアップしました。(太い黒字が家族尊重規定を入れるべきだとする意見(自民党改憲案と同じ部分)ピンクが家族尊重規定を入れることに反対する意見

参議院憲法調査会報告書 2005年4月 
http://www.kenpoushinsa.sangiin.go.jp/kenpou/houkokusyo/pdf/honhoukoku.pdf続きを読む »

(衆議院)憲法調査会報告書|家族に関する部分

2000年1月、衆参両議院に「憲法調査会」が設置されました。これは、5年をめどに「日本国憲法」について調査するという目的で作られ、衆参の憲法調査会は2005年にぞれぞれ報告書を出しています。役割を終えた「憲法調査会」は2007年8月に「憲法審査会」に改編されました。

ここでは、衆議院の憲法調査会の報告書から「家族」に関する部分を以下にピックアップしました。(太い黒字が家族尊重規定を入れるべきだとする意見(自民党改憲案と同じ部分)ピンクが家族尊重規定を入れることに反対する意見

続きを読む »