木村涼子さん 「家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(後編)」

imidas掲載の木村涼子さん記事の後編です。

「家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(後編)国家が「家族のあり方」を強制する時代がやってくる!」

前編はこちらをご覧ください。家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(前編)

広告

木村涼子さん記事「家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(前編) 」

imidasのサイトに、社会学者の木村涼子さん執筆による、家庭教育支援法案についての記事が掲載されました。まずは前編です。ぜひお読みください!

家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(前編)
~国家が「家族のあり方」を強制する時代がやってくる!
木村涼子(社会学者)

安倍政権の次の狙いは、「家庭教育支援法」の成立であろう。この法律案は、2006年に改正された教育基本法に基づき、さらに明確に国家が求める家庭像や親像を提示し、その実現を責務として国民に要求する構えとなっている。
戦前の家制度からの決別を目的とした憲法24条(家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等を定めた条文)と対立する、と批判集中の「家庭教育支援法」。さらには「青少年健全育成基本法」も成立しそうな勢いである。この二つの法律が定められたら、国家は家族や教育にどんなふうに関与してくるのだろう? 国家は個人をどのように管理していくのだろう? 大阪大学の木村涼子さんにご寄稿いただいた。

全文はimidasのサイトからお読みください。

後編は 家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(後編)

(他団体)日本弁護士連合会主催 シンポジウム「家庭教育支援法案を考える」

5月16日(水)に、家庭教育支援法案についての集会が日弁連の主催で開催されます。参加費無料、予約不要、夜間ですが保育もあります(要予約)。ご都合のつく方ぜひご参加ください。

https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/180516.html

シンポジウム「家庭教育支援法案を考える」

現在、自由民主党が国会に提出を予定していると報道されている家庭教育支援法案については、家族を国家主義的な教育の一機関として位置付けるものであり、多様性及び自主性が尊重されるべき家庭に公的な介入を許容するものだとの批判や、個人の尊厳と両性の本質的平等を基礎とした日本国憲法24条の改正の先取りである等の懸念が示されています。

本シンポジウムでは、家庭教育支援法案が検討されている背景、同法案の内容と問題点について、立憲主義、個人の尊重、男女平等の見地からの検討を共有し、同法案についての関心と議論を深める場とします。

日時:2018年5月16日(水)18時30分~20時30分(18時15分開場予定)
場所:弁護士会館17階1701会議室(東京都千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費:参加無料・事前申込不要(定員:120名)
参加対象:どなたでもご参加いただけます

内容(予定)
講演:角田由紀子 氏(弁護士・両性の平等に関する委員会特別委嘱委員)
講演:杉山 春 氏(ルポライター)
講演:広井多鶴子 氏(実践女子大学人間社会学部人間社会学科教授)
質疑応答を交えた議論

 

臨時保育施設のお申込について 【要予約】
未就学児を対象に臨時保育室を開設します。
ご希望の方は、5月9日(水)までに下記問い合わせ先まで必ずお電話ください。
なお、お預かりするお子様の月齢は、【生後6か月以上】とさせていただきます。 また、健康条件によってはお引き受けいたしかねる場合がありますのでご了承ください。

主催:日本弁護士連合会
お問い合わせ先:日本弁護士連合会 人権部人権第二課 TEL 03-3580-9512

(週刊女性)検証 なぜ国が「家庭」「子ども」に口を挟みたがるのか? 「家庭教育支援法案」「道徳教科化」「青少年健全育成基本法案」

「週刊女性」3月27日号で、家庭教育支援法案、青少年健全育成基本法案、道徳教科化について取り上げられています。1月29日の院内集会での杉山春さんの発言も紹介されています。ぜひ手にとってご覧ください。

1637866_o

 

資料 家庭教育支援法案の問題点_24条キャンペーン作成

1月29日に衆議院第2議員会館で行なった院内集会で配布した、家庭教育支援法案の問題点を整理したもの(ポイント要約とQ&A)をアップします。以下のリンクからPDFをダウンロードしてご活用ください。

家庭教育支援法案の問題点

家庭教育支援法案_ポイント要約

Q1 家庭教育支援法案(仮称・修正自民党案)はどんなものか?

“家族の人数や家族の時間が減って、地域とのつながりも薄くなったから、「家庭教育」を「支援」することが緊要な課題”とした上で、改正教育基本法の精神にのっとり、家庭教育支援に関する施策を推進するもの。

基本理念には「父母その他の保護者の第一義的責任において」「保護者が子に生活のために必要な習慣を身に付けさせる」、「子育ての意義について理解が深められ、子育てに伴う喜びを実感できるように配慮しておこなわなければならない」とし、それらの支援は「国、地方公共団体、学校、保育所、地域住民、事業者その他の関係者の連携の下に、社会全体の取組として行われなければならない」とある。(修正自民党案は17年2月朝日新聞の報道より)

 

Q2 どういう経緯で出てきたものか?

2006年に教育基本法改定、「家庭教育」に関する条文(10条)が新設されたのが近年の法制化への契機。2012年「家庭教育支援議員連盟」(いわゆる親学推進議員連盟)が、安倍晋三議員を会長に超党派で発足。同年中の法制定を目指した。同年には地方自治体の一部で「家庭教育支援条例」制定の動きも始まる。2014年〜自民党青少年健全育成推進調査会に設置のPTで法案を検討中。

教育基本法改訂と同様、国家による人びとの指導・管理を強化する流れの一環と見られる。遡ると、1980年代の臨教審から、家庭教育を教育行政に導入する動きがあり、以来現在に至るまで、この法制化の動きは、右派人脈や団体との関わりが深い。

 

Q3 なにが問題か?

  • 国家や地方自治体、学校、地域住民などが問題のない家庭にも介入するのを許す
  • 地域住民の介入奨励はプライバシー侵害や「監視」社会の強化につながるおそれも
  • 「家族の絆」の強調は、貧困、虐待に悩む子どもには逆効果になりかねない
  • 問題を抱えている場合も「保護者の責任」と自助を求められ公的支援が後退
  • 家庭教育の自主性」という文言が削除されたことに象徴されるように、国家(地方自治体など)にとって望ましい家族像、家族内秩序やジェンダー役割、伝統や愛国心などが推奨され、その方向へ向けての「指導」がなされる恐れ
  • 子どもの権利条約(日本も批准)の本質にもとる

→憲法13条の個人の尊重、憲法19条の思想、良心の自由、憲法24条の家族の中での個人の尊厳や両性の平等、などに反する

 

家庭教育支援法案Q&A

Q 法案の経緯をザックリ説明すると?

A 2006年、第一次安倍政権下で教育基本法が改定されたとき、同法に「家庭教育」に関する条文が新設されました。

2012年に、家庭教育支援議員連盟(通称「親学推進議員連盟」)が、安倍晋三議員を会長に発足するなど、法案制定への機運が高まりました。そして同年ごろから各地の地方自治体でも、「家庭教育支援条例」の制定の動きが始まりました。

2014年から自民党青少年健全育成推進調査会に設置したPTで法案を検討中です。

改正教育基本法と同様、国家による人びとの指導管理を強化する流れの一環とみられるこの法制化の動きは、右派人脈、団体とのかかわりが深いと指摘されています。

 

Q 「家庭教育支援法案」ってどんな内容ですか?

A 自民党が準備している「家庭教育支援法案」によると、”家族の人数や家族の時間が減って、地域とのつながりも薄くなったから、「家庭教育」を「支援」することが緊要な課題”とした上で、改正教育基本法の精神にのっとり、家庭教育支援に関する施策を推進するもの、ということです。

その「基本理念」には、「父母その他の保護者の第一義的責任において」「保護者が子に生活のために必要な習慣を身に付けさせる」、支援が「子育ての意義について理解が深められ、子育てに伴う喜びが実感できるように配慮して行われなければならない」とし、それらの支援は、「国、地方公共団体、学校や保育所、地域住民、事業者その他の関係者の連携のもとに社会全体の取組みとして行わなければならない」としています。また、国には、どのように支援するかを定める「基本方針」を作るよう義務付けています(地方公共団体は努力義務)。

 

Q 何が問題なのですか?

A 家庭や私的領域に国家が介入しようという意図が見えます。

まず、この法案ができると、国家や地方公共団体から学校、保育所、地域住民までが、すべての家庭の子育てに介入することが可能になりかねません。保護者への「教育」も奨励されます。その内容を決めるのは国や地方公共団体であり、家族が自由に判断すべき子育ての内容を国や地方公共団体が一律に方向付けよ、と言うことになりかねません。そもそも家庭教育の目的やあり方は、国が法律で定めるべきものなのでしょうか。

「家庭教育支援」が保護者や地域の人々の「努力義務」となるこの法案には、家庭教育に家庭以外の国や地方公共団体、学校、保育所、いろいろな人たちが連携してとりくむことが定められています。私的領域の家族のプライバシーはどうなるのかが心配されますし、監視社会が強まることはないか、も懸念されます。戦前の隣組を髣髴とさせるとの指摘もあります。

また、素案にはあった「家庭教育の自主性を尊重」という文言が、2017年の法案改定ではなくなりました。自主性すら尊重されず、介入が奨励されるというのは一層恐ろしいこと。この法案の成立には、右派が牽引する教育運動が密に関わっています。こうした右派の主張は、家庭内の男女の役割を強調したり、国を賛美し、国家の一員としての教育を推進するもの。個人の尊厳や男女の平等などをうたう現憲法を批判し、改憲に意欲を燃やす勢力と幹部が共通するなど、その立ち位置が非常に近いことが懸念されています。

実際に、2016年10月の本法案の自民党案では、家族を「社会の基礎的な集団」と位置づけ、家庭教育の理念を「子に国家及び社会の形成者として必要な資質が備わるように」と規定していました。2017年の案ではこの項が削除されていますが、この、家族を社会の基礎的な集団と位置付けるという考え方は、自民党の改憲草案24条部分と同じ発想であり、「個人より家族、そして国、を尊重する生き方」へと国民を誘導する意図が感じられます。そこは非常に警戒したいところです。

憲法でいえば、憲法13条の個人の尊重、憲法19条の思想、良心の自由、憲法24条の家族の中での個人の尊厳や両性の平等、などに抵触する法案といえるでしょう。

 

Q 国連で採択された「子どもの権利条約」(日本も批准)にもとるのはどの点で?

A 子どもの権利条約において子どもは「社会の中で個人としての生活を送れるように育てられるべきである」とされ、独立した人格としてその尊厳を尊重・確保すべきとされています。日本も同条約を批准していますが、この法案は、当初の案にあったように、子どもを個人として成長発達するのを支えるのではなく「国家・社会の形成者として」枠付けようとしています。

また、子どもの権利条約は親に子どもの発達・養育に関する第一義的な責任を有するとしていますが(18条1項)、その基本的関心事項は「子どもの最善の利益」であって、「国家・社会の形成者として必要な資質」ではありません。

 

Q 児童虐待や貧困の場合など、家庭に地域や国家の介入が必要な場合もあるのでは?

A 児童虐待の事例で,被虐待児の保護のために社会権の一環として公権力が家庭に介入する必要がある場合もあります。そのための法整備が必要ならば、「児童虐待防止法」の拡充などで、それをすべきでしょう。

家庭教育支援法案の場合の介入は、それとは別の意味を持つものです。介入する対象は、虐待の有無にかかわらず「すべての家庭」「日常の子育て」です。公権力が、法の名の下で「支援」と称して日常的に家族に介入し、公権力にとって望ましい家族像や家庭教育のあり方を指導することが可能になるものです。

また、貧困や児童虐待の被害で苦しんでいる子どもたちにとっては、「親を大切に」「家族の絆は大切」などと強調されることは、逆効果になりかねないと懸念されています。また、実際に支援が必要な場合も、「保護者の責任」と自助を求めることになりかねず、公的支援が後退するおそれもあります。

 

Q 「家庭教育支援法案」の根拠は?

A  2006年、安倍政権下で教育の憲法といわれる「教育基本法」が改訂され、「家庭教育」にかんする条文が新設されました。これが根拠とされています。(以下、同法条文)

>>>

第10条(家庭教育)

1 父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。

2 国及び地方公共団体は、家庭教育の自主性を尊重しつつ、保護者に対する学習の機会及び情報の提供その他の家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めなければならない。

 

Q 自治体の「家庭教育支援条例」の現状、そして法案との関係は?

A 先に採択された自治体の条例を参考にして法律が作られることは時々あります。(最近だと「空き家対策特措法」)

家庭教育支援法案も同じ流れのようで、2017年末で確認できたところでは、熊本県など8県(鹿児島県、静岡県、岐阜県、徳島県、宮崎県、群馬県、茨城県)、石川県加賀市など5市(長野県千曲市、和歌山県和歌山市、鹿児島県南九州市、愛知県豊橋市。)において、家庭教育支援条例が制定されています。(大阪市では、2012年に条例案が大阪維新の会より提出されたが、批判をうけて撤回。)自民党が用意している法案とこれらの自治体の条例を見比べると、多少の違いはあるもものの、中身はそっくりです。

全国初の家庭教育支援条例を制定したのは熊本県でした(2012年12月)。「家庭は教育の原点であり、すべての教育出発点」「少子化や核家族化の進行、地域のつながりの希薄化などによる家庭の教育力の低下」という前提があり、条例の中身は以下のようになっています。

  • 保護者が家庭教育に第一義的責任があるとし、その役割を自覚、認識するとともに保護者自身も成長していくよう努める
  • 家庭教育に関して、県の責務を定め、市町村との連携、保護者、学校等、地域、事業者の役割を定める
  • 親としての学びを支援する学習機会の提供、親になるための学びの推進、人材育成、 広報及び啓発などを行う

家庭教育に関して、県の責務、市町村との連携を定めるほかに、保護者や学校と地域事業者の役割も定めていますが、県によって、例えば茨城県や群馬県などでは、保護者に加えて、祖父母の役割まで記述しているところもあります。

条例のある自治体はもちろんのこと、家庭教育支援条例がなくても、家庭教育支援の取り組みに熱心な自治体もあります。

 

Q 自治体の「家庭教育支援」においての問題の具体例はありますか?

A そもそも前提となっている「家庭の教育力」は本当に「低下」したのか、本当に昔は家庭の教育力は高かったのか、の検証がされていません。そして、各家庭が家庭教育に対する「責任を自覚」して「役割を認識」することをうたっていますが、それは法律や条例で定められるようなことなのでしょうか。

実際に、「親学」「親の学び」「親の学習」などの名称で、親のため、あるいは子どもや若者向けの「親になるため」の講座の開催、家庭教育冊子の作成・配布、家庭教育アドバイザー制度の創設、「早寝早起き朝ごはん」啓発、企業との連携、などが進んでいます。就学時健診などの機会を捉え、保護者向けに「家庭教育支援」の必要性を説くような講座が開かれたり、学校での「親になるための講座」が開かれるところもあります。

それらすべてが「家庭教育支援」の施策として全て問題というわけではありませんが、見逃せない問題もあります。

例えば、「親のための講座」や「親になるための講座」の中には役立つ内容も含まれてはいますが、性的指向や性自認の多様なあり方や、ひとり親家庭の存在を考慮に入れた内容ではないなど、問題もあります。こうした講座が学校で行われる場合、希望しない人たちも受講せざるをえない場合があります。これらの内容がどの程度妥当で、誤りがないかが主に自治体の判断に任せられたまま行われることも問題です。

自治体が「早寝早起き朝ごはん」など意識啓発中心の施策を行うことが、個々の地域住民が実際に抱える困難とずれているという場合もあります。

また自治体ではないですが、国会の「家庭教育支援議連」が発足してまもなくの2012年、「発達障害は子育てで防げる」という科学的に誤った内容の勉強会を行ったことがわかり、当事者団体などからの抗議を受けて謝罪したという事件も起こっています。

また、多くの自治体が家庭教育の冊子を作っていますが、妊娠、出産が前提となったライフプランだけが推奨されたり、思春期になると「誰もが」「異性」に興味を持つと記載されているなど、多様な生き方を認めない内容になっているのも問題です。「早く結婚して産めよ増やせよ」、という内容が露骨に打ち出されている場合もあり、個人の尊重や、性の自己決定権(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)の観点からも問題です。

以上

ご参加ありがとうございました 院内集会 「家庭教育支援法案」の何が問題か?

2018年1月29日(月)に開催した「院内集会「家庭教育支援法案」の何が問題か?」は約80人の市民、メディア、国会議員の参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。
参加いただいた国会議員は、大河原まさこ衆議院議員(立憲民主党)、尾辻かな子衆議院議員(立憲民主党)、吉良よし子参議院議員(共産党)、仁比聡平参議院議員(共産党)、畑野君江衆議院議員(共産党)、福島みずほ参議院議員(社民党)、宮沢ゆか参議院議員(民進党)でした。
また、糸数慶子参議院議員(無所属)、小池晃参議院議員(共産党)、辻元清美衆議院議員(立憲民主党)、髙木錬太郎衆議院議員(立憲民主党)、高橋千鶴子衆議院議員(共産党)の秘書さんがご参加くださいました。
当日の様子は、東京新聞、赤旗が報じてくれました。後日、詳細な報告がwezzyにアップされる予定です。

<東京新聞>(書き起こし)2018年1月30日朝刊6面

「家庭教育 国の介入許さない」
弁護士が講演 法案反対訴え

自民党が国会提出を目指す「家庭教育支援法案」について、公権力による家庭教育への介入を許しかねないとして反対する集会が29日、東京・永田町の衆院第二議員会館で開かれ、約80人が参加した。

法案は、家庭教育を「父母その他の保護者の第一義的責任」と位置づけ、「子に生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るように努める」ことなどを掲げる。国が基本方針を定め、国や自治体の施策への協力を地域住民に求める。

自民党は昨年の通常国会での退出を目指したが、野党の反対などで見送った。

この日の集会は、家族の中の個人の尊厳と男女平等をうたう憲法24条の改定に反対する市民団体「24条変えさせないキャンペーン実行委員会」が主催。講演した角田由紀子弁護士は「法案によれば、支援の名の下に公権力の介入が許されるが、どんな子育てをするかはそれぞれの親の考えによるものだ」と指摘した。

室蘭工業大学大学院の清末愛紗准教授も「法案の目的は愛国心を持つ人材の形成であり、9条の平和主義につながる24条と真っ向から対立する」と批判した。

 

<赤旗>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-01-30/2018013014_01_1.html

家庭教育支援法案考える集会

「政府が家庭に介入」

「24条変えさせないキャンペーン実行委員会」は29日、衆院議員会館で、院内集会「家庭教育支援法案の何が問題か?」を開きました。自民党が準備している同法案を国会に上程させないために、市民と国会議員が問題を共有しようと、80人が参加しました。

呼びかけ人の角田由紀子氏(弁護士)が「憲法24条と対立する家庭教育支援法案」と題して講演し、憲法24条は戦前の家制度に法的決着をつけたもので、徹底して個人を尊重するものだと指摘。行政のやるべきことは、子どもたちに自由な精神生活と健康で安全な生活を保障するための環境整備だと述べました。

呼びかけ人の清末愛砂氏(室蘭工業大学大学院准教授)が講演。社会は、家族単位ではなく、個人の人格の尊重と尊厳に基づいて形成されるものだと強調し、同法案の問題について、平和主義・自由権・社会権の観点から検証しました。ルポライターの杉山春氏が「家庭教育支援法案によって虐待やネグレクト、引きこもりは防げるのか」と題して講演しました。

日本共産党からは仁比そうへい、吉良よし子の両参院議員と畑野君枝衆院議員が参加し、あいさつ。仁比議員は、政府・与党がめざす同法案は、政府が「家庭教育支援の基本方針」を定め、家庭に介入し、指図しようとするものだと指摘し、「提出を阻止するために、みなさんとともに頑張ります」と述べました。

立憲民主、民進、社民の各党の国会議員が参加・あいさつしました。

(東京新聞)考える広場 「教育の憲法」改正…あれから 前川喜平さん

10月28日の東京新聞「考える広場」で、前川喜平さんが第一次安倍政権で改定された「教育の憲法」である教育基本法について、新設された「家庭教育」条項について、自民党改憲草案について語っています。ボリュームのあるインタビューです、ぜひお読みください。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/hiroba/CK2017102802000215.html

 

続きを読む »

(現代ビジネス)国家が家族に介入って…「家庭教育支援法案」が描く恐怖の未来図 安倍首相も小池都知事も推進派だけど

自民党が上程しようとしている「家庭教育支援法案」について、大前治弁護士によるまとまった論考が「現代ビジネス」にアップされています。ぜひお読みください。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53109

続きを読む »

(他団体)学習会 家庭教育支援法って何? 憲法 、教育基本法とともに学習しましょう

7月30日(日)、東京で以下の学習会があります。キャンペーン呼びかけ人の二宮周平さんによる家庭教育支援法案についての講演です。ふるってご参加ください。

http://www.jlaf.jp/html/menu8/2017/20170621111151.html

学習会 家庭教育支援法って何?
憲法 、教育基本法とともに学習しましょう

自民党が議員立法で国会提出を目指している家庭教育支援法案。国が家庭教育の基本方針を決め、学校や保育所や地域住民に、その施策への協力を求めることなどを内容としています。戦前、戦中に行われた家庭への介入・支配をほうふつとさせるこの法案の内容と危険性を、家族法・憲法 24 条が専門の二宮周平教授をお招きして学習し、考えてみましょう。

●日時7月30日(日)13:30~16:00(13:00開場)
●場所 機械工具会館ホール6階
●資料代 300円
講演=立命館大学教授 二宮周平さん「家庭教育支援法 ~ その背景とねらい」
その他=戦時家庭教育指導要綱の現代語訳(超訳)の発表/現場からの報告/質疑応答など…
共催:自由法曹団・新日本婦人の会・全日本教職員組合

チラシはこちら