(他団体)家庭教育支援法は何をめざすのか

9月29日(金)18時半から、「「安倍教育政策NO!ねっと」学習集会 家庭教育支援法は何を目指すのか」が開催されます。関東近辺の方、ぜひご参加ください。

「安倍教育政策NO!ねっと」学習集会 家庭教育支援法は何を目指すのか

日時|9月29日(金)開場:18時 開始18時半
場所|文京シビックセンター26階スカイホール(https://www.b-academy.jp/rental/bc_sky
講師|小林善亮さん(弁護士、自由法曹団教育問題委員会委員長)
内容|保護者や現場教員、青年の発言など
資料代|500円
主催|安倍教育政策NO・平和と人権の教育を!ネットワーク(略称「安倍教育政策NO!ネット)
連絡先|許すな!憲法改悪・市民連絡会 TEL03-3221-4668
子どもと教科書全国ネット21 TEL03-3265-7606

20170929

広告

(他団体)9月3日(日)憲法学習会「9条と24条改憲がねらう「戦争する国」と、それを支える「家族」とは」

9月3日に千葉で9条と24条についての学習会が行なわれます。近くの方、ぜひ。

 

《千葉9区市民連合》主催 憲法学習会
「9条と24条改憲がねらう「戦争する国」と、それを支える「家族」とは」
日時|9月3日(日)13時半〜15時30分
場所|志津コミュニティーセンター2F大会議室(http://www.city.sakura.lg.jp/0000016319.html
講師|清田乃り子さん(弁護士・千葉9区市民連合共同代表)
参加費|無料

(他団体)公開研究会 道徳的保守と性の政治の20年—LGBTブームからバックラッシュを再考する

キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんが登壇するイベントです。24条改悪を目指す改憲右派勢力と重なる層が2000年代に性教育や男女共同参画を執拗に攻撃したことは記憶に新しいですが、その中で十分に議論されたとは言えない論点があります。昨今の「LGBTブーム」からバックラッシュを振り返り、日本の性の政治について考えるシンポジウムです。ぜひご参加ください。

続きを読む »

(他団体)8月5日(土)シンポジウム 安全保障法制とジェンダー

キャンペーン呼びかけ人の若尾典子さん、清末愛砂さんも講演するシンポジウムがあります。主催は安保法制違憲訴訟女の会とジェンダー法学会。多くのご参加、よろしくお願いします!

シンポジウム 安全保障法制とジェンダー

軍隊と戦争こそ、女性に対する差別や暴力を増長させ、男女平等を阻むものです。私たち、安全保障法制違憲訴訟・女の会は、女性たちだけでジェンダーの視点から安全保障法制の違憲性を問い、国に損害賠償を求めて 2016年8月15日に提訴しました。
シンポジウムでは、「平和なくして男女平等なし、男女平等なくして平和なし」との視点から、安全保障法制問題など今後の課題を検します。
「どうすべきか」いっしょに考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム
・安全保障法制違憲訴訟が提起しているもの 中野麻美
・憲法学から見た安全保障法制とジェンダー 若尾典子
・日本における女性保守政治家の軍事強硬主義とジェンダーの変容 海妻径子
・ジェンダーに基づく暴力の視点から考える安全保障法制 清末愛砂
・安全保障法制による影響~ジェンダーの視点からの損害論 松本克美
・弁護士・参議院議員の経験から語る戦争と安全保障法制 大脇雅子

日時:2017年8月5日(土) 13 時 30 分~ 16 時 45 分(開場 13 時 15 分)
会場:明治大学リバティタワー1階ホール( JR/ 地下鉄お茶の水駅徒歩3分~5分)
資料代:1000円
共催:ジェンダー法学会/安保法制違憲訴訟・女の会

※資料の都合上、お申し込みをお願いします(お名前、連絡先)
連絡先*安保法制違憲訴訟女の会
E-mail :anpo4ikenjyo@gmail.com / Fax :03-3944-9647

(他団体)学習会 家庭教育支援法って何? 憲法 、教育基本法とともに学習しましょう

7月30日(日)、東京で以下の学習会があります。キャンペーン呼びかけ人の二宮周平さんによる家庭教育支援法案についての講演です。ふるってご参加ください。

http://www.jlaf.jp/html/menu8/2017/20170621111151.html

学習会 家庭教育支援法って何?
憲法 、教育基本法とともに学習しましょう

自民党が議員立法で国会提出を目指している家庭教育支援法案。国が家庭教育の基本方針を決め、学校や保育所や地域住民に、その施策への協力を求めることなどを内容としています。戦前、戦中に行われた家庭への介入・支配をほうふつとさせるこの法案の内容と危険性を、家族法・憲法 24 条が専門の二宮周平教授をお招きして学習し、考えてみましょう。

●日時7月30日(日)13:30~16:00(13:00開場)
●場所 機械工具会館ホール6階
●資料代 300円
講演=立命館大学教授 二宮周平さん「家庭教育支援法 ~ その背景とねらい」
その他=戦時家庭教育指導要綱の現代語訳(超訳)の発表/現場からの報告/質疑応答など…
共催:自由法曹団・新日本婦人の会・全日本教職員組合

チラシはこちら

(他団体)「ゆるさへん!アベ友政治 おんな・こどもを支配する国」

7月31日(月)に大阪で以下の集会が行われます。時宜を得た大変重要なテーマばかり、ぜひご参加ください!

「ゆるさへん!アベ友政治 おんな・こどもを支配する国」

日時:7月31日(月)18時半から
場所:エルおおさか本館708号(地下鉄・京阪天満橋2番出口より西へ300メートル)
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
主催:おんな・こどもをなめんなよ!の会
Facebook https://www.facebook.com/events/1438120849567231/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D
資料代:800円(障がい者、学生400円)

パネラー
高橋もと子さん(森友学園問題を考える会)「森友問題のウヤムヤ解決はあかん」
平井美津子さん(子どもと教科書大阪ネット21事務局長)「教育勅語復活と教科書問題」
養父知美さん(弁護士)「家制度の復活を許さない!憲法24条改悪の先取り〜閑静婚活・家庭教育支援法・親子断絶防止法」

(他団体)太田啓子弁護士講演会 個人の尊厳と両性の平等 憲法24条の大切さとは?

平和憲法を守り、行動する神奈川女性の会」が6月3日に弁護士の太田啓子さんを招いて24条にかんする講演会を行なうそうです。お近くの方ぜひ。

2017年春の学習会
個人の尊厳と両性の平等 憲法24条の大切さとは?

自民党が成立をめざそうとしている「家庭教育支援法案」、家庭・家族を強調し、「あるべき家庭像」を押し付けようとしています。国家がありそこで役立つ人材を育てるために家庭があるという考え方です。家庭は国家のための人材育成の場なのでしょうか? 現憲法13条で「すべて国民は、個人として尊重される」と規定されていますが、自民党改憲草案では「個人」を「人」に変え、「個人」を否定しています。さらに24条では家族の助け合いを義務付けようとしています。
前回の学習会に引き続き、もう一度憲法 24条について考えます。

講師:太田啓子さん(弁護士)
日時:6月3日(土曜日) 13:30~15:30
場所:横浜市教育会館(紅葉坂)桜木町駅から10分 桜木町駅北改札を出て紅葉坂交差点から坂道を上がる。青少年センター前を通りしばらく歩いて左側です。 地図 http://www.ecole.jp/access/
資料代:300円

太田啓子さんプロフィール
「明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)」として各地で憲法カフェを開催。あすわかの共著で「憲法カフェへようこそ」(かもがわ出版)、「これでわかった! 超訳 特定秘密保護法」(岩波書店)な ど。

主催:平和憲法を守り、行動する神奈川女性の会

(他団体)家庭教育支援法学習会「家庭教育支援法ってなんですか」

6月3日(土)に「子どもの権利条約関西ネットワーク」が家庭教育支援法案についての学習会を行なうということです。関西方面の方、ぜひご参加を! (申し込みが必要です。また、保育の〆切は5月23日です)
http://kodomonokenrikansai.wixsite.com/network

続きを読む »

(他団体)6/24 憲法市民講座 第12回「憲法24条とジェンダーを問い直す」

6月24日(土)に、大阪弁護士会が表題のイベントを開催します。キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんが講師です。無料の保育もあります。関西方面のみなさま、ぜひご参加ください!

http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0624.php

続きを読む »