(他団体)『右派はなぜ家族に介入したがるのか-憲法24条と9条』公開合評会

キャンペーン呼びかけ人の打越さく良さん、清末愛砂さん、中里見博さん、キックオフ集会に登壇くださった能川元一さんが執筆した『右派はなぜ家族に介入したがるのか-憲法24条と9条』の発売を記念して、6月1日に公開合評会が開催されます。関東近郊の方、ぜひご参加ください!

「右派はなぜ家族に介入したがるのか-憲法24条と9条」(大月書店、2018年)公開合評会のご案内

◆日時 2018年6月1日(金) 18:30 ~ 20:30
◆場所 文京シビックセンター3階南 障害者会館 会議室
◆参加費:無料
◆評者コメント
君島 東彦(立命館大学教授)
◆執筆者応答
中里見 博(大阪電気通信大学教授)
能川 元一(神戸学院大学ほか非常勤講師)
打越 さく良(弁護士)
立石 直子(岐阜大学准教授)
笹沼 弘志(静岡大学教授)
清末 愛砂(室蘭工業大学准教授)

9条改憲だけでは戦争する国は完成しない─「個人の尊厳」と「両性の本質的平等」を掲げる24条は、9条と並んで改憲のターゲットとされてきました。それはなぜか? 本書は哲学、憲法、民法の研究者と弁護士が、「家族」を統制しようとする右派の狙いを読み解き、24条と9条を柱とする「非暴力平和主義」を対置します。このたび、君島東彦氏(憲法、平和学)を評者に迎え、本書の全執筆者が参加して公開の合評会を開催いたします。憲法24条や9条に関心のある方ならどなたでも参加いただけます。ぜひご参加ください。

◆◆問い合わせ 大月書店編集部(角田)
TEL 03-3814-2931

31494309_10157369338252782_7671038191394233432_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中