木村涼子さん記事「家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(前編) 」

imidasのサイトに、社会学者の木村涼子さん執筆による、家庭教育支援法案についての記事が掲載されました。まずは前編です。ぜひお読みください!

家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(前編)
~国家が「家族のあり方」を強制する時代がやってくる!
木村涼子(社会学者)

安倍政権の次の狙いは、「家庭教育支援法」の成立であろう。この法律案は、2006年に改正された教育基本法に基づき、さらに明確に国家が求める家庭像や親像を提示し、その実現を責務として国民に要求する構えとなっている。
戦前の家制度からの決別を目的とした憲法24条(家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等を定めた条文)と対立する、と批判集中の「家庭教育支援法」。さらには「青少年健全育成基本法」も成立しそうな勢いである。この二つの法律が定められたら、国家は家族や教育にどんなふうに関与してくるのだろう? 国家は個人をどのように管理していくのだろう? 大阪大学の木村涼子さんにご寄稿いただいた。

全文はimidasのサイトからお読みください。

後編は 家庭教育支援法・青少年健全育成基本法がもたらす「家族」と「教育」(後編)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中