(女性セブン)日本国憲法の男女平等のために奮闘した米国人女性の生き様/戦前に向く自民党の憲法24条改正案「女性は家の中で…」

『女性セブン』の12月14日号に、24条や自民党の改憲草案についての大きな記事が載っています! ウェブ上では2回にわけてアップされているので紹介します。キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さん、打越さく良さんのコメントも。
現時点で自民党が優先するという4項目(9条改正、教育無償化、緊急事態条項、参院選挙区の「合区」解消)に入ってはいませんが、24条は1950年代からずっと改憲ターゲットの1つでした。
GHQ民政局の一員として24条を起草したベアテ・シロタ・ゴードンさんについても触れられています。このように何度も繰り返し伝えていくことが大事ですよね。

http://www.news-postseven.com/archives/20171130_633612.html

http://www.news-postseven.com/archives/20171201_633650.html

続きを読む »

広告

(東京新聞)考える広場 「教育の憲法」改正…あれから 前川喜平さん

10月28日の東京新聞「考える広場」で、前川喜平さんが第一次安倍政権で改定された「教育の憲法」である教育基本法について、新設された「家庭教育」条項について、自民党改憲草案について語っています。ボリュームのあるインタビューです、ぜひお読みください。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/hiroba/CK2017102802000215.html

 

続きを読む »

(他団体)東京・武蔵野市 講座「日本の憲法・家族法に見る~女性とその地位」

11月25日(土)15時から、東京・武蔵野市が「日本の憲法・家族法に見る~女性とその地位」という講座を開催します。講師はキャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんです。託児も無料なので、ぜひ。参加、託児ともに11月17日までに予約が必要とのことなので、以下のサイトにアクセスしてください。

http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/shiminkatsudo/danjokyodosankaku/danjocenter/1013619/1017581.html

aisa

(他団体)神奈川県弁護士会「なぜ24条が狙われるのか~両性の本質的平等と9条との密接な関係について~」

11月28日(火)18時半から、24条をテーマにした講座が開催されます。講師はキャンペーン呼びかけ人の打越さく良弁護士です! お近くの方、ぜひご参加ください。

日本国憲法施行70年記念連続講座 第4回「なぜ24条が狙われるのか~両性の本質的平等と9条との密接な関係について~」

9条に比べ、24条は憲法改正の議論の中で注目度が低い。しかし、改憲を求める動きは、長年にわたって24条を主要なターゲットとしてきた。個人の尊厳を中核とする現行憲法の基本的な考え方が家族のあり方についても貫かれることを示した24条は、個人主義を拒否し、家族・地域社会・国家という「公共」へ忠誠心を駆り立てたいと考える人たちにとって、見直さなければならない規定だからである。9条を改めるだけでは、戦争は出来ない。24条の意義と改憲をめぐる動きについて改めて考えてみたい。

http://www.kanaben.or.jp/news/event/2017/-249.html

日時|2017年11月28日(火) 18:30~ (開場18:10)
場所|神奈川県弁護士会館5階(横浜市中区日本大通9番地)
講師|打越さく良 弁護士
入場無料・予約不要
主催・問合せ|神奈川県弁護士会 電話 045-211-7705