(他団体)太田啓子弁護士講演会 個人の尊厳と両性の平等 憲法24条の大切さとは?

平和憲法を守り、行動する神奈川女性の会」が6月3日に弁護士の太田啓子さんを招いて24条にかんする講演会を行なうそうです。お近くの方ぜひ。

2017年春の学習会
個人の尊厳と両性の平等 憲法24条の大切さとは?

自民党が成立をめざそうとしている「家庭教育支援法案」、家庭・家族を強調し、「あるべき家庭像」を押し付けようとしています。国家がありそこで役立つ人材を育てるために家庭があるという考え方です。家庭は国家のための人材育成の場なのでしょうか? 現憲法13条で「すべて国民は、個人として尊重される」と規定されていますが、自民党改憲草案では「個人」を「人」に変え、「個人」を否定しています。さらに24条では家族の助け合いを義務付けようとしています。
前回の学習会に引き続き、もう一度憲法 24条について考えます。

講師:太田啓子さん(弁護士)
日時:6月3日(土曜日) 13:30~15:30
場所:横浜市教育会館(紅葉坂)桜木町駅から10分 桜木町駅北改札を出て紅葉坂交差点から坂道を上がる。青少年センター前を通りしばらく歩いて左側です。 地図 http://www.ecole.jp/access/
資料代:300円

太田啓子さんプロフィール
「明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)」として各地で憲法カフェを開催。あすわかの共著で「憲法カフェへようこそ」(かもがわ出版)、「これでわかった! 超訳 特定秘密保護法」(岩波書店)な ど。

主催:平和憲法を守り、行動する神奈川女性の会

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中