(週刊金曜日)憲法特集2017 “護憲派はギマン” なのか

週刊金曜日4月28日5月5日合併号(1134号)は、憲法施行70年特集「“護憲派はギマン”なのか?」。亀山ののこさんの写真と詩の「憲法を撮る」には、9条、13条、97条のほか、24条も取り上げられています。「保存版」の「改憲派のへりくつ撃退マニュアル」には、当キャンペーン呼びかけ人の打越さく良弁護士の「個人のために国家がある、その逆ではない」、清末愛砂室蘭工業大学大学院准教授の「緊急事態条項は国全体の、24条改憲は家族の、それぞれの統制と相互監視につながる」が掲載されています。
その他、教育勅語解体新書や「パン屋→和菓子屋」たけじゃないトンデモ教科書検定など、盛りだくさん! お買い得です。是非ご一読ください。

http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002290.php1134

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中