(憲法記念日)(調査)家族の互助を憲法上の義務として盛り込むことには81%が「必要ない」

遅くなりましたが、今年の憲法記念日に共同通信社が行なった調査で、「家族の互助を憲法上の義務として盛り込むこと」について81%の人が「必要ない」と回答していました! 東京新聞が報じていました。
自民党改憲草案が24条改悪でやろうとしていること、改憲を先取りする動きについても、さらに多くの人に知ってほしいです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017043002000123.html

不戦「9条が貢献」75% 安倍政権で改憲「反対」51% 世論調査

続きを読む »

(他団体)家庭教育支援法学習会「家庭教育支援法ってなんですか」

6月3日(土)に「子どもの権利条約関西ネットワーク」が家庭教育支援法案についての学習会を行なうということです。関西方面の方、ぜひご参加を! (申し込みが必要です。また、保育の〆切は5月23日です)
http://kodomonokenrikansai.wixsite.com/network

続きを読む »

(他団体)6/24 憲法市民講座 第12回「憲法24条とジェンダーを問い直す」

6月24日(土)に、大阪弁護士会が表題のイベントを開催します。キャンペーン呼びかけ人の山口智美さんが講師です。無料の保育もあります。関西方面のみなさま、ぜひご参加ください!

http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0624.php

続きを読む »

「市民活動のひろば」にキャンペーンの紹介を書きました

東京・多摩地域を中心とした市民活動情報誌「市民活動のひろば」の150号に、24条変えさせないキャンペーンの紹介を寄稿しました。紙媒体でしか読めませんが、入手された方はぜひ周りの人にもおすすめください。24条の特集号です!
http://hiroba2002.cocolog-nifty.com/blog/

20170508135346177-120170508135346177-2

(北海道新聞)「生と性」守る24条 家族を考える講演会

4月6日の北海道新聞に、3月に開かれた講演会の詳報が掲載されています。キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんと、セクシュアルマイノリティの権利擁護活動や札幌市の同性パートナーシップ制度の導入を働きかけた鈴木賢さんの講演です。一部を書き起こしました。ミスなどあると思いますがご了承ください。
「もっと知りたい人へ」の欄で、当キャンペーンも紹介されました!

続きを読む »

『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩書房)が発売されました

『徹底検証 日本の右傾化』が発売されました。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480016492/

41MYhaqgAgL._SX344_BO1,204,203,200_「第4部 家族と女性-上からの押し付け、連動する草の根」に、キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さん(家族法・憲法学者)の「重要条文・憲法二四条はなぜ狙われるのか」(182-201頁)、官製婚活問題を含む保守派による家族をめぐる動きに詳しい斉藤正美さん(社会学者)の「結婚、家族をめぐる保守の動き」(202-221頁)、朝日新聞記者の堀内京子さんの「税制で誘導される『家族の絆』」(222-233頁)が掲載されています。ぜひお読みください。

 

 

 

 

 

目次
第1部 壊れる社会―新自由主義、レイシズム、ヘイトスピーチ
第2部 政治と市民―右傾化はどこで起こっているのか
第3部 国家と教育―強まる統制、侵蝕される個人
第4部 家族と女性―上からの押し付け、連動する草の根
第5部 言論と報道―自己賛美と憎悪の連鎖に向き合う
第6部 蠢動する宗教―見えにくい実態、問われる政治への関与

 

(他団体)天皇制と家族主義-憲法24条の理念はどこに?

NPO法人さっぽろ自由学校「遊」が主催する講座、「天皇制ってなに?:退位の大意」の第1回目にキャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんが「天皇制と家族主義-憲法24条の理念はどこに?」と題して講演します。お近くの方はぜひ!

日時|5月12日(金) 18:45 ~ 20:45
会場|さっぽろ自由学校「遊」(札幌市中央区南1条西5丁目 愛生館ビル5F 501)
講師|清末愛砂(室蘭工業大学大学院准教授)
参加費|一般5,000 円 会員4,000 円 ユース2,000 円(全5回)
単発での参加の場合:一般1,500 円 会員1,000 円 ユース500 円

講座「天皇制ってなに?:退位の大意」の詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=564

(東京新聞)こちら特報部 「結婚=出産」時代遅れの50歳時「生涯未婚率」必要? 

5月6日の東京新聞の「こちら特報部」に、「生涯未婚率」の調査が「結婚・出産が当たり前」という特定の価値観を前提にしたもので時代遅れではないか、と提起する記事が掲載されました。
キャンペーン呼びかけ人の清末愛砂さんのコメントと、この間、内閣府や自治体の婚活事業の問題について鋭く指摘しておられる斉藤正美さんのコメントが入っています。

18339150_10156124549972782_1115188920_o

(NHK)ETV特集「暮らしと憲法 第1回 男女平等は実現したのか」

5月6日に放映されたETV特集「暮らしと憲法 第1回 男女平等は実現したのか」が、5月12日(金)午前1時45分~午前3時(木曜深夜)に再放送されます! ぜひ録画のご準備を〜。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-05-11/31/3960/2259572/

ETV特集「暮らしと憲法 第1回 男女平等は実現したのか」

日本国憲法施行から70年。その理念は今、暮らしの中でどう生かされているのか。第1回は女性と憲法。男女平等をうたった憲法の理想、どう実現され、残された課題とは。

憲法24条では「法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない」と男女平等がうたわれた。民法も改正され、戦後日本を大きく変える原動力となった。しかし、2016年、世界経済フォーラムによれば、平等の度合いは144か国中111位。特に経済と政治の分野で男女格差が大きい。「男女平等」の理想を実現すべく、職場や暮らしの中で差別と闘ってきた人々の証言から、70年の歴史を見つめる。

(神奈川新聞)「憲法特集」誰も犠牲にしない国へ 政治学者 岡野八代さん

5月3日の憲法記念日の神奈川新聞は「時代の正体」で憲法特集を組んでいまして、キャンペーン呼びかけ人の岡野八代さんのロングインタビューが! ネットでは途中までしか読めませんが、ラインニュースの方では全文公開されています! ぜひぜひお読みください。

http://news.line.me/issue/oa-kanagawa/8b7c0ef339f0?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=jxc94058152855#linenews

http://www.kanaloco.jp/article/248646

続きを読む »