24条変えさせない 賛同メッセージ

(到着順に掲載しています)

24条は大事だ。両性というのは性のすべての組み合わせが可能だと解釈します。(岩佐圭子)

人権擁護は個人の尊重が基盤ですね。その意味で、多様な家族が承認される社会に親和的な法制度は守られるべきだと思います。(澤田稔・上智大学)

家族の在り方や形は、個人が、家族になりたいと思える人と話し合って、一緒に決めるべき事です。国が家族の形を一方的に決める必要はありません。国は個人同士が約束し作り上げた家族の形を望ましい形で維持していけるよう、サポート役をするのが務めなのではないでしょうか。そうでなければ、国が存在している意味がありません。女性を家庭に押し込め、家庭という密室の中で家事や育児、介護をすべて担う、そういう役割を押し付けるのは間違っていますし、それで税金の節約になるどころか、国民の半数である女性を家庭にのみ縛り付けることで、多様性から生まれる社会の発展の機会を奪うことになるだけです。家族の形は、個人によって、家庭によって、様々なのが普通ですし、そrで当たり前のものです。ひとりひとりがより良い人生を送るためにも、家族同士を国の思う通りの形に縛り付けるような改正をしようとするのには強く反対します。(匿名)

大日本帝国への回帰は許さない。(本田宏・オール埼玉総行動副実行委員長)

個人の尊厳と両性の本質的平等を求める24条の趣旨が日本社会に未だ完全に浸透しているとは思えない状況で、その前に更にその趣旨を後退させるような改悪は絶対に許されないと思うので、キャンペーンに賛同します!(島岡まな・大阪大学)

24条改悪は、社会保障制度においてはすでに自助共助が原則という形で家族責任強化として先取りされています。それゆえにこそ私たち精神障害者は家族に殺され続けています。そうでなくとも長期入院隔離収容を強いられ、生活保護削減も相まって自立生活を否定されつつあります。安上がりに家族負担を減らしていくためです。家族と私たちは対立させられているのです。24条は守り抜かなければなりません。(山本眞理・全国「精神病」者集団)

個人の尊厳は絶対に守る(樋田敦子)

24条は女性にとってだけでなく、日本に生きるすべての個人にとって、その権利と尊厳が保障されることを示した重要な条文です。自民党草案のような形に変えるのは絶対に反対です。(中島京子)

日本ではすでに家族が過大な価値と負荷を担わされており、それを実現できない場合に家族が形成できなかったり家族の内部で問題を抱え込んで壊れていったりするという問題が顕在化しています。そうした状況をいっそう悪化させる懸念の強い自民党の24条改正案は決して容認できるものではありません。きちんと国民側からのNoを伝える必要がある中で、このキャンペーンは非常に重要なものと考えます。多くの賛同が得られることを期待します。(本田由紀・東京大学大学院教育学研究科)

わたしは家族から離脱しました。憲法24条を変えるということは、わたしのような家族から離脱したものにとって、真綿で首をしめることになります。どうか憲法24条は、変えずにそのままでお願いいたします。(匿名)

「個人の尊厳」と「両性の平等」を家族においても保障する、大事な24条。絶対に変えさせたくありません。(岩崎眞美子・フリーランスライター)

見えないところから変えさせる動きを止めましょう!(小野山理絵)

【個人の尊重】から【家族の尊重】への価値転倒。そこに垣間見られ、その先に目論まれているであろう【国家への服従】に対し、(現行憲法24条2にある)「個人の尊厳と両性の本質的平等」を支持する善良なる一市民として、自発的隷従の罠に陥ることなく、皆様とともに改正草案に抗したいと思います。(宿谷尚之)

変えさせません!(根上健・(株)ドゥンファンワークス)

「自分の名前を守りたい」と提起した裁判で、かろうじて五人の裁判官が、今の夫婦同姓強制は違憲だと言えたのは憲法24条があったから。戦前の女性の置かれた地位を子供の頃見ていたベアテさんという女性が、日本人女性に代わって憲法に書き込んでくれたこの条文を変えさせてはいけません。(小国香織・夫婦別姓訴訟原告団)

賛同します‼️(村木一郎・法テラス埼玉法律事務所)

人々の自由を奪うことは決して許されることではありません。(鶴田京子)

24条の理想を実現することこそが必要です。(吉川健司)

家父長制度の復活を目指すかのような2012年自民改憲草案に反対します。(原秀樹)

家族のあり方は個々人が選ぶことであり、国家が介入する問題ではない。こんなことは近代における当然の常識である。(佐藤眞・集英社インターナショナル)

個人の尊厳あっての、あたたかいつながり。(柏原登希子・ふぇみん編集部)

家族はただの血縁の集団。なにもかもこの枠内で解決させるような仕組みは無理があります。また人が一人分の人生を歩むことを阻害していると思います。やめてほしいです。(匿名)

私はジェンダー規範に縛られることなく、個としての尊厳と平等を保障された存在であり続けたい。この社会に生きるすべての人が、そのような存在であることを讃え続けたい。24条の改悪に断固として反対します。(大橋史恵・武蔵大学教員)

個人が尊重されない社会は本当に恐ろしい。家族がいない人、家族が助け合える状態にない人、家族が個人を苦しめる状況にいる人もいる。家族がお互いに助け合うことは美しいけれども、それはそれぞれの個人が助け合いたいときに助け合うべきであって、憲法で押し付けられるものではない。(匿名)

改憲するにしても、改悪はあってはならないです。賛同いたします。(大神令子・大神令子社会保険労務士事務所)

私は私の毒親の老後を診たくありません。(濱田大輔・障害者)

異質な女たちが多様に生きることが保障される社会、「家族」からも男性からも民族からも国家からも解放され、自ら意味づけた女を生きるために、24条の改悪を阻止したい。(匿名)

「婚姻の自由」「男女平等」  言葉としては聞き流してしまいそうですが、これは国を形作るとても大切な考え方です。ただ、残念ながらこれらのことがきちんと履行されているとは言えない面もあります。憲法がきちんと履行されない国は良い国とは言えません。日本がもっと良い国になるためには「24条は必須条件」と言わせていただきます。(大宮敏夫)

人間の「個」を奪い、全体の一部にする行為はファシズムです。(匿名)

家族を個人に優先させ、なおかつ「家族」の保護と保持とを私的な責任の領域に囲い込むような方向で、24条の改悪が検討されていることを、強く懸念します。(清水晶子・東京大学)

介護、育児などの不可欠な再生産労働を、「家族」だけに押し付け、担わせることになるかもしれない24条の改悪は、今以上の心中や過労死、また特に女性への再生産労働のおしつけを生みかねません。改悪に断固反対します。(金田淳子)

自民党の憲法改正草案では、家族の相互扶助の義務付け等、復古的な色彩を帯びたものとなっています。これは、男女共同参画社会の理念からも遥かに逆行するもので、将来のあるべき日本社会の姿とも相容れないものです。その問題意識を強く持ち、同じ志を持つ方と連携を図る契機としたいと思います。(鈴木昭司)

「自民党憲法改正草案」では、基本的人権が大幅に制限されていて、ゾッとして卒倒しそうになりました。国家と個人のどちらを優先させるかと問われたら私は個人と答えます。これが私の立ち位置です。(笠井清貴)

24条を含めた改憲に賛成している者は多くない。政治家の暴走をこれ以上進めてはいけない。(菊地夏野・名古屋市立大学)

あの改憲案は、人権というものがわかっていない団体らしい実に稚拙な改悪です。 現実は現憲法に追いついていませんが、理想は捨ててはなりません。(匿名)

賛同します。(多田 尚人)

参院選の前に、ざっと目を通しましたが、気持ち悪くて途中で読むのを止めてしまいました。 個人の自由や選択を増やすのが健全な国家としての成長だと思います。これじゃあ退化です。 美しさ、正しさを規則として掲げるべきじゃない。道徳や心のあり方は、正論かもしれないけれど、そうあるべきかもしれないけれど、そこからどうしても外れてしまう人を救うのが国の役割だと思います。 国民は支配されるコマじゃない、国民は国の主役です。勘違い、曲解されたくないです。 散々言われていることと思いますが、私もそう思います。 あの草案が通ったら悲しくて悲しくて悔しいです。(横田珠実)

同性どうしの婚姻を認めるためには現行憲法の「両性の」という箇所の解釈を柔軟にすれば済む。自公はどんな曲解だろうが解釈改憲、得意ですから。(匿名)

憲法は人を守るものであり、人を縛るものではない。憲法の主旨そのものに反する改正には反対である。(匿名)

憲法24条の実質化を目的に活動してきました。個人の尊厳を軽んじ、社会の最小単位を家族とする改憲案に反対します。(永井よし子)

24条も9条も13条も変えさせない!(伊藤新・市民連合横浜☆ミナカナ)

絶対に反対です!(中尾千恵子)

家父長制など真っ平御免です。(匿名)

WE ARE NOT THINGS!(匿名)

「両性の合意にのみ」のところを、ふたりの合意にのみ、又は両人の合意にのみ、という風に変更するのは、問題があるのでしょうか?(永井勇太)

反対します。(匿名)

家族の絆という美名の元に個人の自由を奪い、時計の針を戦前に巻き戻そうとするかのような憲法改悪は絶対に許してはいけません。24条を守りましょう。(匿名)

とにかく個人尊重を抹殺しようとしている現政権のやり方にはとても賛同できません。個人尊重で成り立つ家族の平和は世界の平和につながると思います。(匿名)

個人の尊厳が守られ、性別等に関わらず人間が大切にされる社会を、日本を含む多くの国で人々は目指してきた。そして今なおその努力は続けられている。24条の改悪は、そのような努力に背を向け、私たちが理想とする社会の在り方を根底から否定し、現代社会そのものを踏みにじる行為だ。いつの間にか現れたこの動きに抗い、憲法改悪を止めるために私には何ができるのだろうかと思う。(匿名)

憲法を一部の人たちの好きなように変えるのは反対です。今まで通り、「個人の自由」を大切にする国であって欲しいと思います。(匿名)

奪わせない、個人の尊厳。(杉原浩司)

イエにとじこめないでください。タダ働きをさせてそれを当り前としないでください。女性一人でも生きさせてください。人間扱いしてください。24条のことは、もっとみんながオオゴトにしなければいけないと思っています。改悪を阻止しましょう。(匿名)

時代を100年間巻き戻すイエ制度の復活に断乎反対します。ジェンダー差別を正当化し権力により強制しようとする憲法の改悪に断乎反対します。すべての市民にこのキャンペーンへの積極的な賛同を呼びかけます。(武田雅宏)

まったく賛同します。(稲塚由美子)

生存権の否定は、日本という国、社会、文化の滅亡への道。生を肯定する社会でいるために24条は必要です。(碓井砂緒里)

日本女性たちの置かれた劣悪な人権状況に心痛めたベアテさんの贈り物、24条は女性たちに個人としての人権を保障するべく作られたものだと思います。社会保障の削減という意味合いからも家族に関する縛りが強められていくでしょう。なぜ、24条がつくられ、それがどんな意味を持ってきたのか、再び考えていかなくてはと思います。(森本孝子・平和憲法を守る荒川の会)

広く世間へのアピールが必要かと思います。その活動には喜んで協力いたします。(寺田和子)

「呼びかけ文」のさいごの一節にとりわけ共感します。自民党草案の中核は、まさに、個人よりも「家族」を上位におくものです。第13条の「個人として」尊重されるというところの「個人」を「人」とすりかえていることと、これは密接にかかわりあっています。 「個人」という概念がおきらいなのですね、自民党のかたがたは。 「家族は、社会の自然的かつ基礎的な単位として、尊重される」などといった、およそ普遍性をもたない偏頗な規定を、こともあろうに憲法のなかにもちこもうとしているところに、明治憲法下の「家族制度」を復活させようとする意図があらわにされています。  いまさらなにを言うか! このわたしたちのこのいまのこの社会は、ひとりひとりの独立した個人によって構成されているのです。自民党のかたがたのこの草案は、この根幹を否定しようとしている。  こんな憲法がもし成立してしまったら、このわたしがこれまで生きてきたその生きかたの根幹が否定されることになる。いや、むりやり、「家族」とやらいう概念の集団に統合されようとすることになるでしょう。ヤだね、そんなことは。このわたしが、ともに生きようとおもう相手と、どのような関係をつくりあげていくかは、完璧、このわたしと、そのわたしとともに生きようとするそのひととの自由だ。自由でなければならない。わたしは、現に、そのようにして生きてきた。「家族制度」の「理想とするような「かたち」だけが「単位」であるなんて規定されてたまるものか!  もうすこしカチッとして言いかたをするなら、自民党のお歴々がなさろうとしておられる24条の改変では、ひとびとの生きかたの多様性を根底的に否定しようとしているのです。それぞれの個人が自由にえらび、自由につくりあげようとしている、あらゆる多様な関係を、「伝統的家族規範」であるとかれらがかってに考えている「家制度」に統合しようとするのです。  こんなたくらみをゆるすわけにはいきません。(彦坂諦)

憲法改悪・基本的人権排し絶対阻止。男女平等原則守れ!!(吉水公一・高校野球指導者・高校日本史教員(教育公務員労働者))

「富国強兵国家の末端組織としての家族」という考え方を拒否します。(山口つかさ)

賛同します。このようなキャンペーンを立ち上げて下さったことに心から感謝します。(ほうとうひろし)

賛同します。田舎では、男尊女卑がひどく、ある種の差別がまだ残っています。女性の権利が制限されがちです。その点でも、より対等な権利義務を持つことを実現させたく思っております。(竹田正司)

男尊女卑主義者と自民党女子による暴挙に断固反対します。(志水幸生)

安倍内閣打倒(星野完司)

時代に逆行した政策には強く反対します。(匿名)

「個人」として尊重されることはとても大事です。貧困の連鎖を絶つためにも、虐待の連鎖をたつためにも。家族のなかの暴力から自由になって、しなやかに生きるためにも。(杉山春・フリーランスライター)

いまだに強く根付く性差別、性暴力の撲滅を願い賛同いたします。(岩脇 宜広)

自民党の改憲草案に反対します とりわけ基本的人権、個人の尊厳と両性の平等の堅持を支持します(早嵜正治)

草案の文面が基本的人権の尊重には繋がらず、条文には相応しくない。現行のままでも十分だと思います。(岩田栄子)

女性と男性が平等である事は、社会や国家が関与できない、時代や文化に左右されない、永遠の自然の摂理です。この摂理を曲げる憲法改正に全く反対です。(及川洋子・Asian Women Coalition for Equality)

キャンペーンに賛同します。(グリーンバーグ テリー)

憲法の改悪を許しません。(東 桂)

自民党草案のように、家族に縛り付けるようなモラルを憲法で決めるのはおかしい。(匿名)

9条も大切だが、24条を変えさないことも重要。国や個人のあり方を大きく変える。(寺井律子)

賛同します!(村上たか子)

DVの被害と後遺症に苦しむ者として、家族の絆・愛・助け合いという美名のもとに、個人をないがしろにする憲法改悪は許せません。(匿名)

個人は国、社会、家に付属、従属するものではなく、個人につく属性が家名や国籍だと考えてますので、家族を基礎的な単位とする自民党改憲案には賛同できません。(三田巧)

キャンペーンに連帯の意を表明します。(加藤伸吾・慶應義塾大学)

24条を変えられると機能不全の家族に生まれ育った人たちは、益々追いつめられてしまいます。改憲には絶対反対です。(田中紀子・(一社)ギャンブル依存症問題を考える会 代表)

自民党憲法改正草案の恐ろしさを全国民に知ってほしいです。 改憲反対です!(匿名)

個人の尊厳と平等の在り様を変えて、家庭・社会・国家に包摂してしまおうとする、自民党の憲法改正案を葬りましょう!!(小沼紘美・日本キリスト教団琴似中央通教会員)

憲法を守れ。憲法の理念を実現することこそが政治の役割。(良知永行)

個人の尊厳を守ろう(山本佳代子)

主旨に賛同させていただきます。(苫米地伸・東京学芸大学)

国際人権法を尊重しようと世界各国が前進していく中で、このような憲法改正を行う日本の行動は異質です。24条が自民党草案のようになれば、女子差別撤廃員会も次回の審査では懸念を表すと思われます。(平井采花・ロンドン大学東洋アフリカ研究学院人権法修士課程)

日本会議支援団体の共通項は24条だと言われています。24条を守る運動に賛同致します。(藤沢紹子・真宗大谷派)

個人より家族を優先させる社会は、容易く個人を抑圧し国家を優先させる社会へと進むでしょう。24条の改悪に反対します。(佐井亜紀)

24条が変わったら、ひとりで生きる生き方が否定されるのではないか、ひたすら家族に尽くしつづける生き方を強いられてしまうのではないかと怖くて怖くてなりません。姑になったあかつきに嫁をいじめることにしか快楽が見いだせない、そんな世の中は嫌です!(匿名)

24条はリベラルな憲法である日本国憲法の、リベラルな価値観の中核の一つであると考えており、全面的に賛同します。(梁田貴之・リベラル日本研究会)

24条は、ベアテ・シロタ・ゴードン氏が起草に関わったという条文ですよね。日本での子ども時代、お手伝いさんだった日本女性が受けていた様々な処遇を見たことが、24条起草の遠因である、とインタビューで聞いた記憶があります。ようやく24条によって、日本女性が基本的人権を保障されたのですよね。(海老原由美子・神戸親和女子大学非常勤講師)

家族のあり方を憲法で規定し、そこにそぐわない人を排除するかのようなやり方は国民主権や基本的人権をおかしい、という現政権の考え方が透けて見えています。こんな非人道的な改憲案は許されません!(山階綾太郎)

個人の尊重よりも家族の尊重が優先されることになったら、女性も男性も、今よりさらに働きにくくなります。男女平等な働き方をめざす労働組合員として、「24条変えさせないキャンペーン」に賛同します。(中島由美子・全国一般労働組合東京南部)

24条が謳うのは、個人の尊厳と両性の本質的平等である。この理念が生かすために24条を守りたい。(野村保子・大間とわたしたち・未来につながる会)

個人の尊厳と両性の本質的平等!(匿名)

賛同します。(中田博之)

絶対に変えてはいけません。堅守されるよう声を挙げ続けましょう。(下郡由美)

賛同します。個人の尊厳を最も大切にする社会を目指します。(小塚久枝)

基本的人権を守ろう!(斎藤直子)

憲法に緊急時た条項を入れれば、私たちの権利や自由が制限されます。大きな災害が起きれば、現在ある災害対策基本法などで十分です。日本では、民主主義を徹底し、国民の権利と自由を守るために、あえて緊急事態条項を、憲法制定時にいれなかったと理解しています。(仲誠一)

あらゆる性差別の撤廃は基本的人権の根幹です。改悪に強く反対します。(小嶋亜維子・シカゴ美術館附属美術大学)

それぞれがしっかりと考えて、選択していこう。(高坂泰来・盛岡市BBS)

24条は9条と同じくらい大切なものです。これを尊重しないならば日本という国はすぐに衰退していくと思います。自分の国の繁栄を望むなら余りにも自明のことなのに。24条を変えたい人たちには非現実的なことを妄想するのをやめて、今すぐ目を覚まして欲しいです‼︎(田中愛子)

24条には「ひとりひとりのひとは、イエや国などの集団のために在るのではない」という大事な意志が込められています。これは、9条から先のどの条文とも通底する理念だと思います。 実際は、この理念は大切にされてきたとは言えません。建前レベルでさえも。戸籍制だって無くなっていません。集団の利益になるかどうかでそのひとを生かすべきか生かさないべきかが、国レベルで大まじめに議論されてしまってきたのが現状です。これら現状を告発することを含めて、24条に込められたメッセージの大切さを強調していきたいと思います。 私は家や国の道具ではありません。(荘津巴・北海道大学)

社会の自然かつ基礎的な単位は、個人です。24条の改正を阻止しましょう!(匿名)

個人の尊厳と自立した個人間での関係こそが社会の原理でなければなりません。(今井祐之)

憲法改正の議論の際に、過去何度も改憲をしている国として持ち出されるドイツでも家族に対する条文はありますが、「家族は助け合わなければいけない」などというものではなく、家族という制度を社会が維持できるよう務めなければいけないということや、もし家族によって何らかの迫害を受ける場合は社会が助けなければいけない、という社会福祉のあり方を定める条文です。その改正がどのような形で行われ、またどのような内容に至っているかということの吟味もせずに、憲法の改正の回数だけを根拠に持ち出すのがどれだけおかしいか。(福原拓海)

応援します。こんなひどい改悪は許せません。(匿名)

賛同します。安倍政権の狙いは、第二次世界大戦時の、軍国・帝国主義の世の中に、日本を戻す事にあります! その流れは我々が絶対に阻止しないといけない。(東香代子)

性別にとらわれないで生きられる世の中であってほしい、憲法24条はまずその前提です。(むらき数子)

第二四条は家族生活における「両性の平等」を定めています。婚姻の在り方、家族の成立に両性の婚姻を無条件に措定したままでよいのかは、これから考えなくてはならない大きな課題です。(永田文明)

歴史的な根拠が全く無い、戦前の家族制度・家父長制度に戻ることは絶対に認められません。(高橋陽子・関西大学非常勤講師)

憲法を生活に生かそう。安心・平和日本への道しるべ(青山一郎)

憲法24条は、ベアテさんからの贈り物。家族を縛る改憲の必要は、ありません。(遠藤悦郎)

社会保障の崩壊につながる可能性も示唆されます。家族で介護も保育も賄えというふうに。絶対反対です。私たちの税金は私たちのために使われるべきです。当然の権利を侵害されかねない改正案には断固反対です。(匿名)

選挙前には改憲の事は何も言わず、選挙が終わったと同時に改憲は前々から言ってきた事だと、騙し討ちのようなやり方が大嫌いです。 一人一人が自分でしっかりとアンテナを伸ばして知ろうとしなければいけないと思います。(匿名)

「女子供は黙ってろ」をそのままにする訳にはいきません。(阪本直子)

賛同します。(杉原純子)

21世紀を迎えてなお、このようなキャンペーンが必要となってしまう情況に慄然としています。(寺中誠)

意志表示をとうして、何より大切なものを守りたい(匿名)

現行憲法は、70年経った今も、世界に誇るに相応しい、素晴らしい憲法です。24条に限らず一切変える必要はなく、また、変えるにしても安倍自民党政権にだけは変えさせてはいけません。(匿名)

賛同します。(宜野座菜央見)

是非とも協力したい。憲法で「毒親」に免罪符を与えるなど、絶対にあってはならない。「のび太」を増やすな。「親権」なんて糞食らえ、「児童権」こそ制定せよ!(泉隆之)

個人が真の尊重される社会であれば、家族や郷土に対する愛は自然に育まれます。個人を否定して、「愛国心」を強制する自民党の憲法草案は、真逆の方向を向いているのです。(石川康子・調布九条の会憲法ひろば)

男、女だけではない、多様な性の形が可視化されてきたこの時こそ、24条が内包する意図を更に発展させるべきであって、自民改憲案の持つ時代錯誤観を多くの個人たちと真の意味で共有し、問い糺さなければならないと確信します。(相沢緑・Workers for Peace, Peace up 9条可視化の会)

・・・法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。・・・これを変えさせるわけにはいきません!(西ますみ)

人の多様性と自律性を尊重したパートナー関係に祝福を!(七尾寿子・植村裁判を支える市民の会)

ひるまずたゆまずいきましょう(神馬純江)

家族の助け合いという国民個々人の生活の要素を憲法が規定しようとするなんて気味が悪い。しかも家族の破壊を現憲法24条がもたらし得るなんて根拠が一体どこにあるのだろう。(遠藤なおみ)

個人の自由を奪うばかりか強権政治への足掛かりとしようとする現内閣の意図を勝手にさせないために、絶対に守らなければならない条文です(昼間洋治)

強く賛同!(ふかだ じゅんこ)

私は過去の日本の過ちの歴史を悔い、戦争に加担しません。(日本聖公会司祭パウロ横山明光・日本聖公会北海道教区)

24条の廃止は大日本帝国時代の民法上のイエ制度に戻るもの。(坂本諭宣)

憲法改悪反対。個人の自由と尊厳は絶対に捨てさせない。(岡田佳子・九条の会小樽ネット)

法律は、憲法を筆頭に、強制力を持たせるその社会の人々の間での約束事だと考えられ、家族は互いに助け合わなければならないと義務付けることは、このような意味を持つ憲法を筆頭とする法律に定めることになじまない(社会的強制力を持たせるべき内容ではない)とともに、同じ意味で「家族」も「助け合う」もその法律(憲法を含む)で定義はできるはずがなく、もしそれが義務付けられた場合には、その時々の権力(その権限)を有する者の恣意的なものとして運用される結果にもなる、と考えられ、反対です。(小谷行雄)

キャンペーン賛同します。家族が大切な社会制度というのなら、家族を支援する社会保障をやるのが本筋。子育てや介護の責任をこれ以上家族に押し付けてどうかなるとでも思っているのでしょうか。すでに家族という社会制度から離れたところで生きている単身者が多く、今後も増えるであろう状況なのに。また、こんなものが通れば、児童養護施設で暮らす子どもたちはさらにキツくなる。(上野加代子・徳島大学)

ベアテ・シロタ・ゴードンほかの尽力は日本への最高の贈り物だと思います。日本における男女同権、人権重視の思想の原点を守りたい。(松下ゆみ)

憲法24条の改憲は絶対に許さない。(匿名)

全文、自衛隊への規制についての改憲反対と共に強く賛成(宮崎大二郎・Furumoto REal Estate, Inc. NYC)

男女平等への道を後退させるような事は絶対に許せません。(匿名)

自民党の改憲草案をみると、「個人の尊重」より、「家族の尊重」が重要とされる。そこに違和感を感じる。いったい、なぜ、24条を今いじらなければならないのか?個より官を尊重するという一連の改憲草案に危機感を感じずにはいられない。(渡辺豪)

今もくろまれている24条の改変は、「家族」の美名のもとに、国が本来責任を持つべき社会福祉・弱者保護のための諸政策を怠る(そうして「防衛費」という名の軍事費を確保するのでしょう)ことを正当化させ、その責任と負担を「家族」に押しつけようとするものだと思います。「改憲は、国民の理解を得やすいところから」換言すれば「国民を騙しやすいところから」というのが彼らの一貫した方針であり、手口です。決して騙されないように、声を上げ続けましょう。このキャンペーンに心から賛同します。(橋本智子・弁護士)

憲法24条を変えようとする主張は、一見するともっともらしく思われるかもしれませんが、歴史の流れや世界の現状に逆行する、反動的でとても「ダサい」ものです。決して認めることはできません。(飯島滋明・名古屋学院大学)

日本では戦後、憲法9条の改正は常に24条改正とセットで語られてきました。一見、つながりがなさそうな二つの条文ですが、女性の人権を守らず、子生みや国力の土台とみなす時、戦争は確実に近づきます。国より家より個が大事。私は24条改正に反対します。(阿久沢悦子)

平等な個々人が自ら結ぶ人間関係を社会の基礎とすることが24条の真髄。これは手放せない。(青山薫・神戸大学)

女性が自分の意思で自分の人生を生きられる社会を守るために。(長田真紀子・性と健康を考える女性専門家の会)

今でさえ「嫁」扱いに耐えかねて疲弊している女性が多くいます。法律の文言や社会的慣習が人の意識を規定します。これ以上、女性蔑視を強化するような改憲には断固反対します。(匿名)

「家族は社会の最も小さなデモクラシーの単位」(国際家族年)であることを願っています。(匿名)

LGBT当事者の一人として、このような因循姑息にして旧態依然たる封建的価値観の国家による押し付けなど、到底容認できるものではありません。(北夙川不可止・玲瓏(短歌結社))

個人の尊厳、決して手放してはいけないもの。私自身を奪われないために声をあげます。(蒔田直子)

変えさせない‼24条!!(匿名)

24条には民法の「婚姻制度」を前提にしているという歪な成り立ちがありますが、私的領域の私法を制定する場合の「個人の尊厳と両性の本質的平等」という文言を明確にした点で、国家による家制度の堅持から解放されるという動かしがたい重い意味があります。また、現政権が福祉政策を公助から共助、自助にとシフトする中で、24条を利用し、国民を騙すアイテムとして持ち出した点でも全く許しがたいものがあり、24条に手を入れることに、この際、断固反対するものであります。(憲法勉強会・ベアテの会)

24条を守りましょう。(秋風千惠・大阪市立大学都市文化研究センター)

世の中がおかしな方向に向いています。力を合わせて軌道修正しましょう。(アウェア)

変えさせません。(情野真弓・会社員)

完全護憲の会HPのブログに「私と憲法」という一文を投稿し、憲法24条に触れていますのでご一見ください。(福田玲三・完全護憲の会)

私たちの未来を明るいものとするために24条を守りたいと思います。(古澤亨・つばめ)

改憲が必要であるにしても、立憲主義の精神を持たない現政権にはやってもらいたくない。(酒井健太郎)

9条や緊急事態条項と違い、当たり前、いいこといってるなどと思っている人が多いであろう家族条項、その危険性と問題点をしっかりと伝えることが大事だと思います。ともに頑張りましょう。賛同します。 (山内覚・全水道)

個人の権利を保障する憲法全体と、もちろん24条を守りぬかなければなりません。戦前のような、家族制度に回帰することには絶対に反対します。(安富信・神戸学院大学)

生まれる時、子どもは親を選べない。家族を選べない。そのことに一切の責任は無い。でも参政権は無い。改悪されれば一番影響を受けるのは全ての子どもたち。私は改悪に反対します。(和田享子・WAN)

家族関係で地獄を見ている人にとって、自民党改憲案は地獄です。(匿名)

夫婦・子ども・家族の姓を考え続けています。24条は重要な拠点の一つです。(酒井はるみ・夫婦別姓選択制を進める会会員)

賛同します。戦前の価値観に逆行するような改悪には反対です。(大沼もと子・Wen-Do Project)

戦前の家父長制家族に回帰しないよう!(服藤早苗・歴史科学協議会)

家族が助け合うのは理想ですが、それは国家に義務付けられることではありません。24条改悪で家族が助け合うのを国から義務付けられることにより、育児や介護などを社会保障の一環として国が担うのではなく、家族の責任として負わされることが懸念されます。それは、社会進出しつつあった女性が再び家族のケアのために家の中に押し戻されることを意味し、個人の自由や尊厳が奪われます。また、多様な家族の在り方を無視しているこのような憲法改悪により、助け合う家族を持たない個人が切り捨てられることも懸念されます。そうなると、一体国は何のために国なのでしょうか?家族が助け合うことで社会保障の全てを「自己責任」に追いやるのでは、もはや国が国として存在する価値すらありません。 そのような憲法改悪には断固反対です。(金山珠実・)

この国が変えられてしまう!何かをしなくては父母、子供や孫に申し訳ない。(匿名)

生まれ持った性別に関係なく、すべての個人が個人がとして尊重される社会を望みます。(匿名)

誰もが「自分」という個人で尊重されることが質の高い民主主義社会の形成の基礎。(明日美)

両性の平等を定めている24条は、女性にとっての基本的人権を保障する憲法条文です。改正ならともかく、改悪の動きは主権者の一人して許しません。(神永れい子・クオータ制の実現をめざす会)

こういうキャンペーンが必要になったのは、日本の政治状況があまりに男性偏在で歪んでいるからです。ジェンダーに敏感な視点をもった女性議員を半分超に増やましょう!改悪阻止のためでなく改正のための行動ができるようになりましょう!(クオータ制の実現をめざす会)

家父長制の亡霊は今もたくさんの子供たちを苦しめています。その亡霊をさらに巨大化させるような憲法の改悪に、私たちは断固反対します。(子供の未来を語る会)

自民党の改憲草案に沿って憲法24条を変えることは、本来は最大限保障されるべき個人の自由を政府が制限することをより容易にしてしまう危険性があり、また、未だに男女の不平等が根強い日本においてこのような変更をすることは、女性に対するさらなる抑圧を引き起こす可能性があると思いますので、24条の改悪に反対するこのキャンペーンに賛同いたします。(結城翼・MSc International Development, University of Birmingham)

24条は、家族の中でも個人を尊重する大切な条項です。最近の「公共」教育とあわせ、個人より家族、家族より社会=国家が大切となるのが恐ろしい。一人一人を大切にする憲法を守っていきたいですね。(原田直子)

個の尊重は近代国家の基本的基準です。個を尊重せず、社会が担うべき責を家族と言う密閉性ある集団に帰する改悪に反対を表明します。(山元文子)

保守的な家族観を持つ人は「絆」などと言ってますが、自助という美辞麗句を前面に出し社会保障を削りたい、或は家族を利用した相互監視システムを構築したいのでしょう。 今ですら夫婦同姓や戸籍制度など日本の家族は家父長制的な面が多く、問題は多いというのに… キャンペーンに賛同致します。24条の改悪に反対!(匿名)

賛同いたしますし、更に改憲(壊憲)阻止の連帯の輪が広がり、賛同者が増えますこと、願っております。(今滝憲雄・大阪千代田短期大学 客員教員)

期待しています。安倍政治に対抗する力を何としても持たねば、と思っています。安倍政権が復活して以来、秘密保護法、武器輸出、ODAの条件緩和、集団的自衛権の行使容認そして安保関連法制の不法なやり方での強硬突破、と矢継ぎ早に押しかけて来るさまざまな安倍政治の暴挙への対応に追われ、24条を変えさせない運動は、気になりながら、手を出せない状況にありました。皆様の動きに背中を押されて、動き出そうという気持ちになっています。日本の女性の位置を戦前に戻すことは、これからの若い人たちへの裏切り。頑張りたいと思っています。(長田満江・常陸24条の会)

家族に負担を押し付けることには反対です。(西垣裕里・社会保険労務士)

守られるべきは個人の尊厳。ヒトとして生きることが何よりも尊重されるべきだと。(花村健一・樹花舎)

家族を国家がコントロールする事には反対する。過去の歴史で失敗しているではないか。(匿名)

個人の尊厳が守られる社会を(堀江節子・女性のレッドアクションとやま)

「選択的」夫婦別姓さえ反対する現政権にとって、24条改悪が必然的帰結なのは不思議ではない。この15年のジェンダーバックラッシュをいかに押し戻していくか、実にたいへんなことですが、できる言論活動はやりたいと思います。(石原俊・明治学院大学教員)

憲法9条のみならず24条はこの国の誇りです。決して変えてはなりません!(篠原咲子)

「ベア手の贈り物」上映会をきっかけに結成した常陸24条の会ですが、この2年くらいは「休眠」していました。24条変えさせないキャンペーンで、眠りから目覚めました。フレッシュな気持ちで取り組んでいきます。(常陸24条の会)

改憲案の内容は批判が一見難しいと思いますが、現在は両当事者のみが合意すれば結婚できる規定から、改憲案では「のみ」が抜けている点(改憲案24条2項)。この点が気になります。親が反対すれば、好きな人と結婚できなくなってしまいます。意外と注目されてないですが、個人の人生および幸福追求に相当影響が出る規定かと思います。 また、改憲案24条1項では家族に扶養義務を課しています。日本の殺人事件の半分は家族関係で生じています。そういう状況で家族に扶養義務を課すことが、日本社会をハッピーにするとは到底思えないのですが。(匿名)

一人の人間の存在を尊極なものと認めることこそ、人間が人間らしく生きていけることができる出発点になるのではないか。これは人類が長い年月をかけて獲得してきた叡智にほかならない。その叡智を屠ろうとする暴挙に今、立ち上がらないで「どうする!」と考えます。(氏家法雄・元・創価女子短期大学非常勤講師)

賛同します。(大久保玲子)

女性の人権が守られないことは、男性の人間性をも損なうことになります。24条の理念のもとに、戦後、積み重ねてきた大事な、大事な実践を水の泡にするわけにはいきません。(NORMA FIELD)

24条は「戦争放棄の9条」と並んで重要な条項です。個人の尊厳と家庭生活の中での男女平等を宣言するもので、女性にとって新しい人権の確立でした。この条項の改悪は女性の人権を踏みにじるもので到底認められません。(田辺久子・女のサポートライン)

支配者たちは支配者たちであるがゆえに、言うことをきかない、思考し、行動し、自由を愛する「個人」がダイキライです。国家権力は、今、なにがなんでも「個人」を「ぶっつぶそう」としています。巨大な力に抗う「強い個人」は、日本において果たして可能なのか?それが問われているのではないかと思います。そういう思いをもって、このキャンペーンに賛同いたします。(平山秀朋)

あらゆる差別を許さず、個人の尊厳が大切にされる社会を望みます。改憲がすべて悪いわけではないと思いますが、自民党の改憲草案は、そもそも、憲法ではありません。絶対反対です。(岡田佳子・九条の会小樽ネット)

あまり注目されない24条ですが、とても大切だということを最近知りました。これも変えてはいけません。(高橋明子・猫の事務所九条の会代表)

戦前回帰の24条改悪、絶対許しません!(匿名)

血縁という、選択不可能な縁を国家から強制されるのは害悪以外の何物でもない。(匿名)

個人的な事について、他人、ましてや国家にとやかく言われたくない❗(匿名)

みんなの力で24条を守りましょう!(弁護士法人女性協同法律事務所)

国家がどうしても必要であるとするならば、その役割とは、多種多様な生の承認とエンパワメントを拡大することに尽きると信じています。家族のあり方に関する規範と制度によって「生きづらさ」を抱えてしまう人びとが、これ以上増えないように願います。(山岸大樹)

女性の50%超が24条改悪に反対するようにするにはどうしたらいいか、みんなで考えましょう。安倍の言う、「美しい日本」ってどんな国? 「家族を単位」が女・子どもに何をもたらすか。具体的にわかるように。(匿名)

DVや虐待などのファミリー・バイオレンスの当事者(サバイバー)にとって24条が変えられ「家族」を重んじる社会になることは恐怖以外のなにものでもありません。(高橋実生)

個人の尊厳と両性の本質的平等という言葉は素敵だ。家族の犠牲のために生きる人生はいやだ。少しはいいが強制はごめん。(田牧文代)

ちょっと読んでもじっくり読んでも、24条は先人の英智が生きているすばらしい条文。変える必要などなし。これを守り育ててきた方たちに対して失礼なことはできません。(西村葉子)

私は、人ととして尊重されるより、個人として大事にされたい。家族を国の単位にする自民の改憲草案は、個人を尊重しない国の姿勢のあらわれです。このおかしさに多くの人が気付くよう声をあげていきます。(浜千加子)

家族という単位から、日本を逆戻りさせようとする力を阻止したいと思います!だまされないで、皆さん!(桂紀子)

自己決定権が大事です。(片岡良男)

当事者です。夫婦別姓を選択するカップルは子供を2人で育てても「家族」として認められないんでしょうか。(あおき)

憲法は空気や水のようなものだと思います。特に24条は生活の範囲内。だからこそ重要なのです。今ですら民法が差別的だったり時代錯誤的なのに…。改悪を許さない!(匿名)

家を継ぐのがイヤだった。24条のおかげで救われた。(匿名)

自由民主党の憲法改正案は今すぐに取り下げるべきだと思います。(匿名)

個人の権利の主張が、伝統的な価値観をおびやかしていると考える人が多くなって、24条改憲の動きが出てきたと考えるが、そういった人たちには多様な価値観を認めることが豊かな国を支えていくのであって、憲法を変えて阻害するべきではないことを理解するべきである。(匿名)

「家族」ということで個人をしばっていく。また国がやるべきことを家族に押しつけてくる!24条は守らねば!!(田坂由紀子)

婚姻の不自由、家父長制度の復活、子育て介護等の社会福祉について「家族で助け合え」等々…どんな面から見ても24条の改悪には反対です。基本的人権を損害しています。許せません。(匿名)

個人の尊厳、家族の多様性を守り、政府の説明責任を求めていけるよう24条の改悪をストップしたいと思います(甲斐田万智子・C-Rights、文京学院大学)

男女平等と個人の尊厳を明記して、女性を「家」制度から開放した憲法24条を変えてはいけない。(佐藤加代子・おかしいことをおかしいという会)

「9条の会」などで講演をすることが多いのですが、24条の知られていなさに驚きます。これからもっともっと、強調していかなくてはなりませんね。(川上麻里江・弁護士)

個人の尊厳を奪おうとするものは、たとえ安倍政権じゃなくてもNOをつきつけるべし。(吉原孝太郎)

賛同します。(竹内松直・練馬労連)

多様な価値観、ライフスタイルが「当たり前」となる世界的な流れのなか、個人を家族に、女性を家庭役割に縛り付ける日本の不気味さを強く感じます。家族に多くのものを負わせる社会は家族をきっかけとして壊れます。24条は絶対に変えてはいけないと思います。(山崎智慧子)

税理士です。「家族は互いに助け合わなければならない」は、近年の税制改正にも表れています。たとえば、教育資金の一括贈与の贈与税非課税制度、結婚・子育て資金の一括贈与の贈与税非課税制度、三世代同居リフォームの所得税額控除などです。これらの税制は、本来は国の責任でするべき教育・子育て・少子化対策などの施策を、経済的に余裕のある家族に押し付けるものであり、同時に、格差のさらなる固定化・拡大を招くことが懸念されます。(内田麻由子・公正な税制を求める市民連絡会)

24条が改憲されるかもしれないと知り、大変危惧しています。もしも、改憲されたら、娘の結婚は望まなくなるでしょう。心配ですから。私は現在の憲法下で娘に結婚してもらいたい。個人のできることは少ないし、効果はほぼゼロかもしれませんが、できることがあるなら、可能なかぎりやってみたいと思っています。(木村めぐみ)

かつての教育勅語が当時の人々にとって否定しずらかったのは、それが、皇国への忠義を命じるだけではなく、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は調和よく協力しあい、友人は互いに信じ合い、という民衆がすでに受容していた道徳規範と一体化したものだったからだと思います。24条を個人の尊重と男女の平等から、家族の助け合いに重きをおく内容に変えようという動きもこれに似ています。 24条を変えさせない活動を進めながら、既存の家族をめぐる道徳規範と向き合い、社会を個人単位、男女平等に変えていく動きを強めましょう。(五十嵐守)

私たちが、私たち自身の人生を生きられるために。賛同します。(佐原チハル・フリーライター)

「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」(自民党草案)は、性別役割を前提とした家族至上主義へ移行させることが狙い。トンデモない。ごく当たり前の「個人の尊重、男女平等」(男女と限定するのでなくすべての人々)の基本的人権を守らなければならないです。(永松鶴子)

「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」(自民党草案)は、性別役割を前提とした家族至上主義へ移行させることが狙い。トンデモない。ごく当たり前の「個人の尊重、男女平等」(男女と限定するのでなくすべての人々)の基本的人権を守らなければならないです。(永松鶴子)

憲法を変更するのではなく、民法の現代的解釈によって運用していくべきである。(畠山博憲)

家庭のあり方は個人の内面、外面両方の自由に深く関わる。日本会議のように、憲法でそれを規定するような試みは、権力が個人の自由に深く介入することを誘発する危険性が高い。それは人権および個人の尊重の否定である。よって、私は断固、反対する。(匿名)

最近ニュースで24条の事を知り、驚きました。もし改憲されたら、戦前期のような女性差別が復活し、LGBTに対する風当たりが今以上に強くなるのではないかと思いました。家族の在り方は憲法によって固定されてはならないと思います。24条に関しては世間の認知度が相対的に見て低いので、何か自分にも出来る事はないかと思い、このキャンペーンに賛同することにしました。(匿名)

個人よりも家族(組織)を第一とする考えは、多様な家族のあり方の選択や存在を否定・無視するものです。家族のあり方を国家が指定することは生き方、他者とどう関わるべきかを規定することであって重大な人権侵害です。(福井美穂)

実質的に変える必要など(既に)無い「9条」ばかりに関心が集まると、改憲側の狙いに嵌まります。彼等が本当に変えたいのは「言論・表現の自由」「政教分離」そしてこの24条を含む「基本的人権」に関わる条項です。ファシスト独裁の国にしないために、力を合わせましょう。(寄藤昂)

強く賛同します。「個人の尊重」という人類普遍の原理は変えられない。(篠田浩輔)

私には障害を持った子供がいますが、24条改正によって福祉が後退し、家族の責任のみが強調されるような世の中になりそうで怖いです。24条のみならず、憲法改正は、個人の自由と基本的人権を著しく制限するもので反対です。(高垣裕子)

24条こそ、日本の遺産です。子供たちの世代に残したい。それが、私達の責任であり義務だと考えます。(齋藤真理子)

24条の大切さをできるだけ多くの人に伝えたい。失ってから気付くようなことのないように。(羽田野慶子)

私たち自身の人生のあり方、家族のあり方を誰からも強制されたくありません。(大田美和・中央大学教授)

家族の形を決めるのは、国ではありません。それぞれがそれぞれに「これが私の家族の在り方」と決めたものがその人の「家族の形」だと思います。(匿名)

私は生活困窮者の支援活動を行なう中で、憲法25条の問題に関わってきました。近年、家族の扶養義務を強調する方向で生活保護法が改悪されるなど、「家族による助け合い」を制度化し、社会保障を切り縮めようとする動きが加速しています。その意味で、24条と25条の問題はつながっています。連携して声をあげていきましょう。(稲葉剛・立教大学大学院特任准教授)

24条を変えたいという概念は反グローバル志向の延長上で活発化してきたのだと思いますがそれにしてもやり方が間違っているわ、運動している当人たちが全くその背景について考えていないわで、却って日本の家族制度がさらに無茶苦茶になるだけです、一番迷惑するのは若者や子供たち。(匿名)

家族のあり方は人の幸福感に関わることであり、生き方を大きく左右する問題です。 憲法で家族のあり方を規定することにより、国民を内面から支配しようとする24条の改憲に断固反対します。(UNITE & FIGHT HOKKAIDO (ユニキタ))

広告

24条変えさせない 賛同メッセージ」への2件のフィードバック

  1. 憲法によって家族のあり方を規定し、そこに該当しない人を排除するような条文を載せるとは一体何を考えているのか。
    個人の権利を認めない前時代的な思考が透けて見える改憲案など言語道断。

    いいね

  2. 憲法が「毒親」に免罪符を与えるなんて、冗談じゃない。この憲法24条改悪が目指す家族は、「ドラえもん」や「家なき子」みたいな、子供に暴言や暴力を揮う親が平然とのさばり、子供が奴隷として泣き寝入りする家族だ。
    それに、親を「尊属」と呼び、子供を「卑属」と呼ぶこと自体、子供への憎しみが明らかだ。子供は親を選べないのに、子供を家族で束縛し、子供を無権利に陥れる法制度なんて、言語道断。
    「のび太」を増やすな!「親権」なんて糞食らえ!「児童権」こそ制定せよ!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中