(他団体)8/3 家族はなぜ必要か?「家族規範」の批判的再考

同志社大学のフェミニスト・ジェンダー・セクシュアリティ研究(FGSS)センターが共催するイベントがIWJ京都によりライブ中継されます。

ライブ中継はこちら→http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1

家族はなぜ必要か?「家族規範」の批判的再考

(イベント概要)http://drc-fgss.com/2016/07/13/seminar-1/

2016年8月3日(水)17時~19時同志社大学志高館 SK111

内容

研究会趣旨 高田恭子(大阪工業大学) 家族法における「家族規範」からの課題提示

報告 岡野八代(同志社大学) 「家族規範」の批判的再考

コメント 清末愛砂(室蘭工業大学)

討議(質疑):

概要案:

法的に家族を規定する基本法である民法に,実際には「家族モデル」は存在しない。また,「家族規範」があるわけでもない。それにも関わらず,社会保障をはじめとする様々な制度は、一定の「家族」を提示し,その運用により社会の中に「家族規範」を構築することによって「家族」なるものを実体化させてきた。こうして実体化された「家族」は,それに該当しない人々を社会的に排除し,差別的取扱いをし,一定の個人(とりわけ女性)に子どもの養育や介護などの責任を過度に負わせる結果を生じさせてきた。本公開研究会では,フェミニズム理論を通してこの「家族規範」を批判的に再考しながら,社会の中の家族像や,政治で語られる「家族」の問題について考えてみたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中